レディースナイト



もう1週間以上も前になりますが、kikiさんちでのレディースナイトに参加してまいりました。



ひどいストームの中、普段なら20分くらいのところを1時間以上かかって運転し、なんとか辿り着きました。途中、大きな木の枝があちこちに散ちらばり、道路は一部冠水し、目前に水平方向に稲光が何度も走り、怖かったです。雷鳴と激しい雨の中、交差点の真ん中で表情一つ変えずに、交通整理をしていた警官 in Newington、かっこよかったです。プロフェッショナルって感じでした。




kikiさんちに集まったのは、女性5人。EさんとMさんとは、初対面です。Sさんとは、のんちさんの送別会BBQパーティーでお会いして以来です。皆さんのお仕事のお話、面白くって興味深く聞き入ってしまいました。仕事の話ではありませんが、日米の女性用トイレの違いについての話も、面白かったです。



お料理上手なkikiさんの手料理はもちろん、みなさんが持ってこられた料理(オードブル、韓国のお寿司)やデザート(さつまいものクッキー)も、とてもおいしかったです。私は完全に手抜きで、Stew Leonardの甘いチョコレートクリームパイを持って行きました(←自分で作れ~!)。 



気がついたら、夜中の11時前。眠い目をこすりながら、さよならしました。途中、検問にひっかかり、「どこから来たのか?」と聞かれ「は?」と答えた私。というのも、「免許証を見せろ、これからお酒を飲んだかどうかの検査をするからなっ!」と言われると思ったからです。



英語がわからないと思われたのか、警察のお兄さんは、先ほどの質問を繰り返してくれました。頭の中は「日本からって答えるの?」「あ、違う、ハートフォード?でも向きが逆だ」「kikiさんちの住所を言えばいいのか?」などの答えがぐるぐる回ります。でもなぜか口からでた言葉は「友達の家から!」。何か言われるかと思いきや、答えとしては問題なかったらしい。



警官からの次の質問は「お酒を飲みましたか?」私「飲んでません!!!(←事実。でも心の中では、答え方が酩酊している人と思われないか不安でいっぱい)」。どうなることかと思いつつ、警官の次なる問いかけを待っていると…


「そのまま通過して下さい」で終わってしまいました。ちょっと拍子抜けしました。反対車線の車は長いこと止められて、トランクまで調べられてたのに…



ところで、kikiさん手作りのプリン、とってもおいしかったです。「モロゾフのプリンみたい!」という声があがってました。うん、それ以上かも。
e0101819_13325266.jpg
(撮影: kikiさん)



皆さん、楽しいひと時をありがとうございました!また遊んでくださいね。
Commented by S at 2009-07-07 09:40 x
こんばんは!いつも密かに読ませてもらってます。
先日は楽しかったですね。チョコレートクリームパイもとってもおいしかったですよ~。kikiさんがお土産に持たせてくれたんですが、次の日食べようと思ったら旦那に食べられちゃってましたw
是非また遊びましょう☆
Commented by nekoyama88 at 2009-07-08 08:36
★Sさま、
ようこそ~!コメントを残してもらえるなんて光栄です。
談笑していたらあっという間に時間がたち、びっくりしました。あのパイ、あんなにいっぱい食べさせてごめんなさい~!でも、喜んでもらえてほっとしました…
また、会える日を楽しみにしています。
Commented by kiki at 2009-07-08 08:53 x
あの嵐の中、必死な思いで我が家まで来てくれてありがとう!楽しい夜でございました、はい! 
みんなが持参してくれたお料理やデザートのお陰で、テーブルが賑やかになり、これまた美味しく、うれしくなっちゃいましたよねぇ〜。でも、私の料理は、性格上、いつも適当&毎回味が変わるので、賭け?! (^-^;)料理上手とは言えませんから... 
チョコレートクリームパイ、私も残りのほとんどを食べてしまいましたよ。(汗) ご馳走さまでした!
また遊びましょーねー!!
Commented by nekoyama88 at 2009-07-09 09:27
★kikiさま、
こちらこそお招き頂きありがとうございました!嵐の中、行ったかいがありました。オーガニック納豆も入手できたし(もったいなくて、冷凍庫で寝かせてます)。適当で上手にできるのが、本当のお料理上手ですよ~!kikiさん尊敬!
あのパイ、置き去りにしてすみません(汗)。今度は何か作っていきます(←がんばれ、私)。
by nekoyama88 | 2009-07-05 13:44 | おでかけ | Comments(4)

アメリカコネチカット生まれの猫と日本で暮らす


by nekoyama88