つれづれ

皆さん、こんばんは。


10月も終わりに近付き、疲れが出てきたちーこの飼い主です。


玄関のドアに鍵を差したまま、翌朝まで気が付かなかったり、


バスを乗り間違えたり、違う人にメールを送ったりと、


心臓に悪い日々を送っています。


昨夜は発熱が半端ではなかったので、


あきらめて「ルル」を飲み、


諦めて翌日のお昼まで寝ました。


おかげでスッキリしましたが、


(イイトシなので)あまり無理せずにやっていこうと思ています。




話題は変わりますが、全般的に静かな人が多いカンザスで、


こんなお姉さんを見つけました。
e0101819_943090.jpg



後姿を撮っているのに気付いたらしく


こちらを向いて本人自らピースサイン!


いやあ、ここでこういう人に会うと、正直とてもうれしいです。


ありがとー!



それからここに来てから、Nice chatting with you! と言われることが多いのですが、


皆さんこんな言い回しを聞いたことがありますか?


私はNice talking to you! と Nice to see you! しか知りませんでしたので、


最初に聞いた時はびっくりしました。



それからそれから、


コネチカットでは So, I do not have to do that, right? と尋ねると、


NO, you do not. と返されることが普通でしたが、


ここではNOと言うべきところをYES/Yeahと言うアメリカ人が多いです。


どうしてなんんでしょうね。


文法的に正しくてもNOと言う事は、はばかられるのでしょうか…


文脈で判断しなければならないので、ちょっと疲れます。


同じアメリカでも、場所によってカルチャーが違うと感じる今日この頃です。


ちーこ「カーチャン、ドーデモイーコトホザイテナイデ、ハヤクネナサイ」
e0101819_9143290.jpg

Commented by emilly at 2012-10-23 10:40 x
お元気ですかー?
体調が回復されたようで安心です^^

同じアメリカといえど場所が違えば法律も違い文化も言葉も違うんですよね。
私コネチ以外で住んだことはないのですが、旅行や学会で西や真ん中もすこし行きました。
アメリカって場所が違えば別の国だなーって数日の滞在でも実感しましたよ。
アメリカで否定文を肯定するのに、日本みたいな返事をするのは初めて聞きました!
Nice chatting with youもお初です~色々面白いですねぇ。

あと、前記事で迷子のパグちゃん、無事保護されて、これまた安心しました。
それを飼い主さん以上に心より喜んでいるnekoyamaさんの温かさに私もほっこり。ちーこちゃんもゴロゴロ~って♪

秋もずいぶんふけちゃいましたが、体調には気をつけてくださいね~
Commented by nekoyama88 at 2012-10-24 02:10
★emillyさま、

お気遣いありがとうございます。
体調、良くなったはずなのに、外出したらぶり返してしまいました(涙)。年には勝てませ~ん。

アメリカ、州によって本当に違いますよね。私も4つの州にしか住んだことがありませんが、その違いには毎度驚かされます。カンザスは中西部に属するので、「ミシガンと同じだろう」と思っていたら全然違うしね…州をまたいでの引越しは大変…

Nice chatting with you…Emillyさんにとってもお初ですかー?幻聴でも聞いた気分になってきましたよん。今度、アメリカ人にこっそり聞いてみます(笑)。


パグ犬、飼い主の元に無事帰ることができて本当に良かったです。飼い主は質問に対して何度もメールをくれたり、迷子犬の看板も翌日には撤去されており、行動が日本人にそっくり。この町の住人の態度は、本当に日本人と似ていて驚くばかりです。

Emillyさんも身体には気をつけてくださいね~

by nekoyama88 | 2012-10-22 09:04 | 学校 | Comments(2)

アメリカコネチカット生まれの猫と日本で暮らす


by nekoyama88