台湾旅行

1月3日(土)から6日(火)まで、友人の結婚披露宴に参加するために、


台湾まで行ってきました。


台北桃園空港にお迎えに来るはずだったホテルタクシーが来ず、


空港のインフォーメーションセンターのスタッフの手を煩わせました。


が、空港管轄のタクシーを見つけ、無事、苗栗郡のホテルまで辿りつくことができました。


インフォーメーションセンターのスタッフは日本語が堪能で、かつ信じられないほど親切でした(ホテルに何度も電話して理由を確認してくれた後、タクシーの値段と乗り場を確認し、居心地の良いホテルなのでキャンセルしない方が良いなどのアドバイスをくれました)。


タクシーの総額は2100台湾ドル。


これにチップをつけたら、1万円超え…


ホテルは大変良かったですが、懐が寒くなりました。


しかし、このホテル、周りは零細自動車修理工場のようなものが立ち並ぶ界隈にそびえたっており、風景に溶け込んでいませんでした。


日本語堪能なホテルスタッフに、近所でおいしい台湾料理を食べさせる場所を聞いて行ってみました。

私房菜
期待せずにいきましたが、しょうがの千切りが山ほど入った牛肉炒め、おいしかったです。身体がポカポカになりました。
e0101819_13511178.jpg

冬瓜とあさりのスープも、貝がプリプリで美味でした。
e0101819_13515891.jpg



翌日はまたまたタクシーに乗って、結婚披露宴会場の日本食レストランへ。


250名ほどの招待客がいました。噂には聞いていましたが、正装している人から普段着の人までさまざま。明るめの色の服を着ている人が多かったです。私は紺系の服で行きました。


ごはんは、巻き寿司や刺身もありましたが、純和風というよりは、アメリカでよく見かけるなんちゃって日本料理(?)でした。最後には鍋まで登場し、頭の中で「どこが日本料理?」という言葉がぐーるぐる。


最初に出てきた甘いデザートは良かったです。
e0101819_13594446.jpg



受付でご祝儀を渡したら、いきなり手渡されたのが、赤と黒のパッケージに入った巨大月餅×2。
実家の面々は変わったモノは食べないので、他の人にいらないか尋ねたら、「おいしいから、ホテルで食べたら」と言われましたが、そんな巨大なモノをたった一人で食べつくすことは不可能なので、日本まで持ち帰りました。が、やっぱり実家でも、誰も食べない。8等分にして一人で食べていますが、食べるたびに香料の匂いにノックアウトで、気持ち悪い。もう一つのゆで卵入りの月餅は母と一切れずつ食べて、残りはさようなら…(食べ物を無駄にしてごめんなさい!)
e0101819_1433445.jpg

e0101819_1435774.jpg

e0101819_1454167.jpg



披露宴自体は2時間程で終了したものの、ここ苗栗市から台北まで重い荷物を持って帰らなければならないのですが、列車は既に満席。片道2時間のリムジンバスを友人のお母さんが予約してくれましたが、予定出発時刻まで3時間半もある。その上、台北駅からホテルまで行くのにどの交通手段が最善なのかもわからず、「どーしようーかなあ」と思っていたら、友人の友人がホテルまで送ってくれることに!聞けば、このカップルは台北在住でこれから家に帰るので、「ついでだから」とのこと。お言葉に甘えて、乗せてもらいました。もう疲れきっていたので、本当にラッキーでした(漢字だらけの文字を見続けて、疲労困憊)。


台北付近のホテルも新しくて機能的で快適でした(階下の同ビル内にはロイヤルホストやらCoCo壱番屋まであったー)

e0101819_14234093.jpg

e0101819_1424368.jpg



結婚披露宴でいっぱいごはんを食べるはずが、緊張のせいかほとんど何も食べられず、ホテル到着時にはお腹がペコペコでした。友人が持たせてくれたライスロールのようなものも齧りましたが、足りず、近所のカフェiQueen Coffeeに直行。英語が通じるお店のオーナー(?)とやりとりをし、出てきたのがこちら、超巨大ワッフル。
e0101819_14265589.jpg

内部にはバニラアイスが注入されており、量が多すぎて食べきれるか心配でしたが、クリームのみを残して(生クリームではなかった)、完食。おいしかったですが、食べ過ぎで気持ち悪くなりました。


あんなに気持ち悪かったのに、熟睡。翌朝午前9時まで眠りっぱなし。
その後、台湾茶を買いに卸し売りのお店へ。

途中で見たバイクの人々。
e0101819_1513537.jpg

もう一丁。
e0101819_1430232.jpg





お茶屋さんで、凍頂烏龍茶、東方美人茶、鉄観音茶を購入。
e0101819_1431170.jpg

e0101819_14311698.jpg

e0101819_14312873.jpg


150グラムからの販売で、さまざまな品質のモノが揃えられており、値段も他のお店より良心的でした。
オーナーの息子と見られる長身の男性が、日本語でやりとりをしてくれます。彼は英語も話せるようです。でも、このお兄さん、バナナリパブリックのタグを正面にしたTシャツを着ていたので、ふきだしそうになりました。そんなデザインのシャツが最近売り出されたのか、それとも意図的に前後ろ・裏表を逆にして着ているのかよくわかりませんでした。


最後は行天宮というところに行って来ました。
ここは、14年前にも訪れた場所だと、正面に立ってからようやく気が付きました。
障害を持つ人々が、花売りをしていました。
e0101819_14463287.jpg



e0101819_14465548.jpg
e0101819_1447967.jpg
e0101819_14472622.jpg

どちらを向いても赤色が眼に飛び込んできて、少々疲れました。

行天宮付近の地下通路には占い師がたくさんいるらしいですが、一人旅なので、今回は危なそうなところにいくのはやめました。


最後は台北駅。
e0101819_14484964.jpg

いやあ、空気、汚れてますなあ。
e0101819_15174111.jpg

近所の新光三越デパートに行きましたが、日本製品とアメリカ製品ばかりで、買いたいものはありませんでした。


台北桃園空港内のフードコートのバーガーキング。
e0101819_14493852.jpg



中国語は全く理解できませんでしたが、どこにいっても、3人に1人は英語か日本語を話す人がいて、あまり不便を感じませんでした。一方で、漢字は読めるのに発音ができない、漢字ばかりを凝視して疲労が溜まる、こちらは英語で話しかけているのに、日本語で話しかけられることが多く戸惑う、など、ここは外国なのかそれとも日本なのかはたまた別の国なのかと複雑な気持ちになりました。


以上、ドタバタ台湾旅行記、おわり。
Commented by こるー at 2015-02-07 21:46 x
Akiさん、こんばんはっ。
久々にお邪魔してみたら、いろいろと更新されていて衝撃(笑。楽しく読まさせていただきました^^
台湾の結婚式、思い出深い?ものになったようですねー。ワタシは香港のに行ったことがあるんですが、そのときは広東料理のオンパレード、器が空になるとウェイターに何か盛られるというわんこそば状態で必死に断りまくったことを強烈に覚えています…
台湾、行ったことないんですけど、濃そうなところですね。食べ物がおいしいと聞きますが。いつか行ってみたいものです。
盛りだくさんでしたね。お疲れ様でした★
Commented by nekoyama88 at 2015-02-15 10:50
★こるーさま、
お久しぶりです、お元気ですか?お返事が遅くなりごめんなさい!
台湾、2001年にも訪れましたが、今回の方が何故か、くたびれました。旅行に行く際は、やっぱり自分で全部チェックして行かないといかんとつくづく思いました。香港も濃いんですね(笑)。いつか行ってみたいです。
by nekoyama88 | 2015-01-16 13:40 | おでかけ | Comments(2)

アメリカコネチカット生まれの猫と日本で暮らす


by nekoyama88