2月のおでかけ(浜松編)

名古屋での宿泊の翌日は、浜松へ移動しました。


某大学の先生にインタビューを行うことが目的でした。


早朝から大荷物(松山のお菓子のお土産やコンピュータ)のため、やむなく栄からJR名古屋までタクシーを利用。タクシーの運転手さんは、気の良いおじいさんでしたが、超保守系らしく、国会のことをずっと話しておられました。


JR名古屋駅内では、迷いながらもようやく新幹線の「ひかり」に辿り着き(名古屋発だったので、座れました)、浜松まで1時間程の乗車。


新幹線の座席は、ゆったりしていて快適でした。これで荷物さえなければ…最高でした。


JR浜松駅でキャリーやコンピュータをロッカーに入れ、バスに揺られて45分。


市街地から郊外へ抜け、田園風景が広がるようになり、「バスを乗り間違えたかも」と思う位、目的地は遠かったです。乗車時に運転手さんに尋ねたので、間違いではないことはわかっていましたが、やはり心細かったです。しーんとしたバス内で、勤務先関連の仕事の電話がかかってきて、おしゃべり。前方に座っている、大柄なビジネスマンが何度もこちらを振り返り、「スミマセン…」と思いながら電話にでていました(泣)。


このバスは、○○病院前が終点でしたが、運転手さんも「**大学への行き方は知らない」とのことで、わざわざ交通整理をしていた方に尋ねて下さり、有難かったです。加えて、車内の前方に座っていた2017年度に着任する**大学の教員(←先程の何度も振返っていた男性。藤原竜也似だった!)の方が、自ら、「私もそちらに参りますので、ご案内します」と申し出て下さり、無事に目的地にたどり着くことが出来ました。


インタビューをお願いした先生とは初対面でしたが、とっても気さくな先生で、あっという間に時間が経ち、インタビューは終わってしまいました。
大学内の建物の装飾。
e0101819_1015170.jpg



その後、大学周辺にある鰻を食べさせる超人気店に連れて行ってもらい、お昼から3,000円越えのごはんを堪能しました。
e0101819_10133263.jpg



このうなぎ、ツヤツヤで、本当においしかったです。
到着時には既にほぼ満席で、私たちがオーダーをした後、しばらくして「完売」となり、閉店。


昼から「完売」って、どれだけコストパフォーマンスが良いお店なんでしょうか。
建物自体は新しくもなく、何の変哲もないお店でしたが、味は申し分なく、店員さんも素朴ですが愛想の良い人たちで、「なるほど~」と思いながら帰って来ました。


この後は、先生とはお別れして、バスに乗ってJR浜松駅に戻り、新幹線でいざ横浜へ。


(★★先生、ウナギ、ごちそーさまでした!)
Commented by kiki at 2017-04-16 03:49 x
美味しそうな鰻 (°▽°) 地元に帰っても鰻って食べに行かないから、次回こそ食べてやる!!と今、鼻息荒くしてるとこざます。

運転手さんも目的地同じだった乗客さんも親切な人でよかったね。乗客先生は静岡の人じゃないかもだけど、静岡県人としてなんか嬉しくなっちゃいました。バスで向かった終点の病院って、もしかして私の父が入院してた病院かも。
Commented by nekoyama88 at 2017-04-19 14:11
★kikiさま

浜松の鰻、本場だけあって本当に美味しかったです。お店のおじさんの肌、ツヤツヤ(!)でしたっ。

静岡の皆さん静かでしたが、「してあげた」という様子がまるでなく、毎日のことのように自然とヘルプをして頂き、「紳士的だ」と思いました。

某病院、kikiさんのお父さんの入院先なの~?道中、「時間が合えばkikiさんに会えたかも」とずっと考えておりました。
by nekoyama88 | 2017-04-08 10:27 | おでかけ | Comments(2)

アメリカコネチカット生まれの猫と日本で暮らす


by nekoyama88