見上げる猫

3度目の冬にして、ちーこは初めて、ソファのてっぺんに座ることを覚えました。きっかけは、(おそらく)私がソファーに突っ伏したまま、全く起きる気配がなかったから。風邪薬を飲んで、豪快にいびきをかいていたものと思われます。「下からじゃよく見えないし、ここは高見の見物...」とでもいうところでしょうか。

こんな感じ。
e0101819_335575.jpg


初めて見た時は、この態勢のちーこと目が合い、本当にびっくりしました。でも、じっと見つめているちーこを見て、あまりのおかしさに笑いがこみ上げて来ました。心配してくれたのに...ごめんね。



横から見るとこんな感じ。
e0101819_3364774.jpg



後ろから見ると...どーん!
e0101819_3371847.jpg



ちーこ「ったく。失礼しちゃうワ。」→猫すわりもこの冬の流行。
e0101819_339374.jpg



で、お題は「見上げる猫」。実はここに座る理由がもう一つあるのです。
e0101819_3421867.jpg

彼女の見上げる方向に、エアコン設置ケースがあるのです。ここは、現在空っぽなため、しっかりとカバーがされているのですが、どうやら中は空洞の様子。それでとっても寒い夜には、何やらカサ...カサ...と音がするのです。部屋に侵入することは出入口がないため不可能なのですが、どうやらお客さんがお見えのようです。例のアレです。たぶん。

ということで、ちーこは部屋の監督を見事にこなしております。
Commented by koru2007 at 2008-02-12 08:08
そうか、アレは冬眠しないのですね。。。
屋根裏は寒いのでしょうか^^; ちーこちゃん、監督偉いね。
nekoyamaさんをアレから守ったげてね(笑)
Commented by nekoyama88 at 2008-02-13 08:15
★こるーさま、
はい、たぶん...アレは冬眠しないと思われます。だって、去年も冬だったのよ~、アレが参上したのは...

私が住んでいるビルには、屋根裏はないはずなので、おそらく、地面からダクトか何かをつたって上がってくると思われます。1階は寒いため、暖かい上階にあがってくると思われます。

因みに、ドブ○○は上下運動が苦手なため、上がってこないらしいけど、クマ○○○(ちっちゃい種類)は上まで上がってくるらしいです。→もし3階であのでっかい物体を見たら、あたし、引越しを真剣に考えます(涙目)!

あ、でも、あれ以来、アレは部屋には侵入しておりまへんよ~(ドキドキ)。
Commented by ヤヨイ at 2008-02-14 13:20 x
ひぇ~~アレとはアレですかっ!
アレを見つけると、ちーこちゃんは・・・・もしかして・・・・
仕留めに行ったりするんでしょうか・・・・・
それをあきさんはどうするんでしょうか・・・・・
・・・・・・・恐怖っ!

前に一度、梅が蛇を咥えて来たことがあるんです。
あの時の梅の目は完全にイっちゃってました。
はっきり言って、恐怖でした。はははっ・・・・

ちーこちゃんもアレを見たら、野生の血が・・・・・しょえ~
Commented by nekoyama88 at 2008-02-15 10:44
★ヤヨイさま、
はい。アレです。トムとジェリーです。去年の事件はこちら(http://nekoyama88.exblog.jp/5461913/)。通常は、ダクトを伝って上階に来ても、部屋に侵入できないように穴が塞がれているらしいのですが(頭が入る位の穴がないと通過できないらしい)、ちーこがそれをはがしてしまい、アレがマイルームにやってきたのです。
怖かったですよ~!でも、招いた方がいい仕事をされましたので...ははは。

蛇も怖いですね...どこで捕まえたのでしょうか...ひいいい...ウメたんも、ハンティングの能力が高いみたいですね。ちーこも、まるまるしている割には、どうも名人のようなのです。ちーこという名前になる前に、「ハンター」という名前で呼んだこともあるくらい。

必殺仕事人級のお仕事をされたちーこを見た時、「このニャンコは外でも生き延びれる」と思いました。
by nekoyama88 | 2008-02-10 03:47 | ねこ | Comments(4)

アメリカコネチカット生まれの猫と日本で暮らす


by nekoyama88