カテゴリ:未分類( 12 )

オリンピック出場


リオ五輪の女子3000メートル障害に、うちの大学の生徒が一人出場しました。

選考会では、雨の中転倒し、2位の人に追い越され、優勝して相応のタイムを出すのは不可能と思いましたが、最後の最後で力を出して、オリンピックの出場権を手にしました。

ただ、本番では世界ランキング通り、予選最下位でした。

10月末には仙台で女子駅伝があります。

うちの大学は、今年は優勝候補に挙がっているらしいので、応援に行ってきまーす。


写真は、オリンピック前の大学内での壮行会の様子です。
e0101819_2217748.jpg



e0101819_22173652.jpg



e0101819_22185278.jpg

by nekoyama88 | 2016-10-09 22:22 | Comments(0)

瀬戸内海

皆さん、こんばんは。


またまたご無沙汰しております。


確か、そろそろブログを始めて10年になるかと思います。


あの頃は、博士課程のコースワークが終わり、念願の博士論文の準備が始まった頃。


今と当時で、何か変化があるのかしらんという生活ですが、


ちーこ共々、年とったなーと思うこの頃です。


今年はいつもと違い、結構アクティブに過ごしていたのですが、


ここ1か月程、疲れがどっと来て、微熱続きです。


この微熱がやっかいで、ちっとも引く気配がなく、だるい日々を送っています。


こんな状態を払拭すべく、先程、暗闇の中、2か月ぶりに道後温泉に行って来ました。


三連休の中日で大賑わいでしたが、やっぱり大きな湯船はいいですね。


あったまって帰って来ました。



さてさてここからは、7月初めの瀬戸内海の風景をお見せします。


授業を終えて、翌日の学会発表のために、山口県の宇部市まで行った日のこと。


地図上では近いのに、17時35分発の船に乗って、新山口のホテルに着いたのが22時過ぎ。


遠かったです。


松山に比べて虫も多くて、怖かった...


でも、船は新しく、大きく、ゆったりしていて快適でした。


何よりも海の青さと小さな島々が次々と出てきて、本当、美しかったです。

e0101819_21495351.jpg


e0101819_21502451.jpg


e0101819_22111828.jpg


e0101819_21523135.jpg


e0101819_21571912.jpg


e0101819_2285338.jpg

by nekoyama88 | 2016-10-09 22:06 | Comments(0)

松江

こんばんはー。



統計クラスの予習復習から目を逸らそうと、またまた連続投稿です。



今回は一時帰国のお話の続きです。



7月末から8月初めに、島根県の松江にお仕事に行って参りました。



連日猛暑で、日焼け止めが汗と共に流れ落ち、実家に帰った時には「焼けたね」と言われてしまいました(涙)。日中はほとんど教室にいたはずなのに、なぜなんだ…という気持ちになりましたっ。



1日1時間半を4コマ、4日間連続講義でしたが(最後のコマは試験日に振り替え)、何とか無事終わりました。招待してくれた友人から、「タフになったねー」と言われました(重い機器を1階から3階まで一人で持って上がったのを見て)。二の腕もたくましくなりましたっ。



確かに、自分でもタフになったという実感があります。もしもアメリカに渡って来なければ、16コマを4日間で教えるということは、できなかったと思います。何よりも、オファーが来た時点で即お断りしていたはず…


アメリカに来てから早10年。体力的には落ちているはずなのに、オバハン根性だけが鍛えられたようです(自信アリ)。あーあ。でも、大学3年生の皆さんは真面目で、私の授業に文句も言わず良く着いてきてくれたと思います。学生あっての先生なんだなーとしみじみ感じる日々でした。それにしても教えるのは11年ぶりだったのですが、意外に楽しかったです。



4日目が終わった夜、「打ち上げ」と称して、友人が松江では有名なお店でごはんを食べさせてくれました(なんだか今回の旅はあちこちでごちそうになりました。皆様、ありがとうございました!)。


皆美館



入口までの通路。
e0101819_11383483.jpg



まんまるの氷が可愛い梅酒。
e0101819_11392378.jpg



先付け?フタの内部に鎮座していた赤身と白身のお刺身、ものすごくおいしかったです。
e0101819_11424054.jpg



メインのカレイの姿上げは写真なし…バリバリバリと頭から尾っぽまで全部食べちゃいました(友人に驚かれました)。


お上品な鯛めし(ゴハンモットクレー)。
e0101819_1145778.jpg



翌日は、小さな小さな「竹島資料室」を30分ほど見学。
e0101819_11465263.jpg



続いてお城の堀を船で巡る堀川めぐり。
30分毎(?)に船が周遊しているらしいのですが、この日のこの時間には、友人と私だけ。
船頭さん(退職後、船舶免許を生かして週に何回か働いているとのこと)と世間話に花を咲かせながら、町を眺めました。この日は風も吹いて、とっても気持ちよかったです。
e0101819_11533450.jpg


今度は涼しい季節に旅したいです。


ちーこ「ソトノキアタチハズーットカーチャンノカエリヲマッテイマシタ」
e0101819_1210512.jpg

by nekoyama88 | 2012-08-24 11:37 | Comments(0)

洗濯

こんにちは、お久しぶりです。

本業に集中していたら、時間があっという間にたってしまいました。時間をかけているわりには、亀のような歩みなのですが...

さて、昨日、8日ぶりに洗濯をしました。「ええ~!1週間以上も汚れた衣類を放っておくなんて!」と思われるかもしれませんが、こちらではありがち...です。自分の部屋に洗濯機と乾燥機がないので、ついつい労働を怠ってしまいます。日本と違って空気が乾燥しているため、放置しても臭くなりにくいというのも洗濯をマメにしない原因かもしれません。

私の場合、3回引越しをしていますが、どの部屋にもマイ洗濯機&乾燥機はありませんでした。というか、禁止されていました(なぜかは不明ですが...水漏れ防止のため?)。さらに驚くことには、私が住んでいるビル内にはランドリーすらございません。で、仕方なくサンドバックのような物体を抱えて1階まで降り(前が見えないしエレベーターもない)、エントランスのドアを片手で「えいっ」と開けた後、さらに足で蹴って外に出ます。そこから、えっちらおっちら1分程歩いて(その間4つの居住ビルの前を通り)、ようやく大きなコインランドリーのあるビルに辿り着きます。


洗濯に31分、乾燥に60分。合計3ドルちょっと(350円位)。一つの洗濯機と乾燥機に全て入ります(びっくりするほど巨大です)。途中一旦帰宅し、部屋の掃除をします。部屋とランドリーを3往復というのがお決まりのコースです(普段歩かないので結構な労働に感じる)。以前は週末でなければ、ランドリー利用者はほとんどおらず、優雅に一人で使っていたのですが、最近はちと事情が違います。


木曜日の午前10時以降は、ヒスパニック系のおばさん1人プラスおじさん2人組が7台の全洗濯機を占領します。インド系の学生のグループがつるんでやって来て、これまた全洗濯機を占領したこともありました。週末の早朝(午前7時前)に利用しようとした時は、黒人の夫婦プラス小学生の女の子の家族がこれまた全洗濯機を占領。自分の衣類だけでも、「こんなに溜めてすごいよねえ」と思っているのに、彼らのものと来たら、本当にハンパじゃありません。とあるグループの洗濯物は、ものすごい異臭を放ってました。


なので、「洗濯に行きたい」と思っても、「もし全部占領されてたら...」という思いがよぎり、二の足を踏む日々が続きました。学校や仕事から帰って来てからやろうと思っていても、疲労困憊のため、ランドリーに行く気になれず...気がついたら1週間以上放置...寝ながら「あ~、洗濯しなきゃあ」と考える日々。夜中に外出するのは危険だし...(ミシガン州に住んでいる頃は、ランドリーが完全に独立していたので、夜中に平気で洗濯してました。安全だったし。途中、スカンクに遭遇したこともあります。)


でも、さすがに着る物に支障を来たし始めましたので、重い腰を上げ朝から頑張りました(といっても午前9時半)!シーツやちーこのタオル、毛布も洗いました!2台の洗濯機と乾燥機を占領しますたよ~!「やった~!今日は一人だ~!」と喜んでいたら、音楽を聴きながら学生風の男の子がやって来ました。この人、残りの洗濯機、全部使っちゃいました。うへ。



ってなわけで、分けて運んだため、5往復致しました。腰が痛いです~。


でも、とってもいい気分でございました。ちゃんちゃん。


次回、引越しをする際は、少なくとも居住ビル内にランドリーがある場所に住みたい...とささやかな願いを胸に抱く私でした。


おしまい

ちーこ「洗濯ごくろーさん!ここから監督してマス」
e0101819_10584698.jpg

by nekoyama88 | 2008-01-27 10:56 | Comments(10)

ぴかぴか

アメリカのとある場所で、週に10時間、アルバイトをすることになりました。調査データを入力するするのが主な仕事です。学校からの紹介なので、安心 プラス 自分の論文作成にも関連しているので勉強にもなるというおまけ付き。○年ぶりのお仕事なので、ちょっと緊張気味。

ただ、職場の周囲にはこれといったカフェもなく、ちょっと危ないエリアなので、飲み物や食べ物を持参してます。

で、大活躍しているのが、水筒たち!(ブレブレ & 年季が入っててスミマセン。)話が脱線しますが、ミッフィーとスヌーピーのは、日本製。銀色のは中国製だった...全部、日本から送ってもらいました。
e0101819_8453548.jpg


アメリカに来て、最初の数年、この水筒たちはフル稼働。よく働いてくれました。お茶を入れたり、コーヒーを入れたり...カフェで飲み残した時は、それを入れて、図書館でグビグビ飲みながら勉強しました。でも、そのおかげで中は真っ黒!錆びてるのかと思うくらい。どうやって綺麗にすればいいのかもわからず、ここ2年程は戸棚で眠っていました。Salvation Army(救世軍)に寄付しようかとも思いましたが、何せ、愛着がある品々なので、躊躇しておりました。

ところが、「ステンレスに付いた茶渋には重曹が効く」という情報をネットより入手したので、早速試してみました。

じゃーん。ぴっかぴか(外側の茶渋は見ないで~)。
e0101819_8373093.jpg

あれ、右側にまだ汚れが...(気にしない。)
e0101819_8412991.jpg


適当に重曹をふりかけ(大さじ1位)、熱湯を注いで1時間以上放置。後は、水でゆすぎました。最も簡単にきれいに汚れが取れたのは、銀色の水筒。一番頑固だったのは、ミッフィーの分。使用頻度に比例しているようです。ミッフィー水筒には、「重曹をかけ、熱湯を注ぐ」を4-5回繰り返しました。それでも底の汚れが落ちないので、割り箸にキッチンペーパーを巻いて、汚れをこすり落としました。

使った重曹。
e0101819_841764.jpg


あー、すっきりした。でも、外側の汚れが返って目だってしまいました。週末にまた、きれいにしようかな...

ちーこ「ワタシの歯はミガカンデもいいヨ」
e0101819_8565930.jpg

by nekoyama88 | 2007-07-31 08:58 | Comments(6)

ようやく春!

更新が滞っております。そうこうしているうちに、ようやく春がやってきました。

ショッピングモールのビルのそばにぽつんと。
e0101819_9241386.jpg

何の花でしょう?
e0101819_9243499.jpg

アパートの駐車場の黄色い花。
e0101819_925484.jpg


木蓮は、ここのところの雨で、散ってしまいました。
でも、チューリップなどはまだこれから。外出が楽しみな季節です。

ちーこ「ワタシハイカナイヨ」
e0101819_933513.jpg

飼い主「行こうよ~!」
ちーこ「アンヨがノビタラネ」
e0101819_93678.jpg

by nekoyama88 | 2007-05-01 09:37 | Comments(2)

君の名は(虫編)?

今週初めは、春のように暖かでした。すると、出てきた出てきた、招かれざる客が天井に...


ハイ、虫の話です。嫌いな方はスルーしてくださいませ。





私も虫は嫌いなのですが、名前を知りたくて激写しました。この方の名前、知りたいのです。
e0101819_12135118.jpg

一瞬「ムカデ」かと思うのですが、体躯がかなり短い(4-5センチ位)。で、足がたくさん生えているのですが、その長さも一定ではなく...
e0101819_1214738.jpg


そして、この虫の恐るべき特徴は、とにかく走るのが異様に速い!あの、「千と千尋」に出てくる、真っ黒くろすけを彷彿とさせる速さです。まるで、二本足で走っているような印象でした。

明るい場所では、死んだふりをするなど、知的な面も...(爆)。コネチカットに来て、初めて出会いました。ミシガンではお目にかかれませんでした。夏場の夜中に時々出現します。

どなたかご存知の方がおられましたら、ご一報下さいませ~。
e0101819_12244625.jpg

ちーこ「マチブセチュウ」
飼い主「ちーこ、何とかして~」
by nekoyama88 | 2007-03-17 12:26 | Comments(8)

厳冬

ここコネチカットでは、久々に寒い日が続いています。現在、華氏16度(摂氏マイナス9度)。室温は華氏70度 (22℃)に設定していますが、それでも足元からどんどん冷えてます。

ここ2年ほど、ずっと暖冬だったので、これくらい寒い方が私は好きなのですが、それにしても、外はとっても寒いです。帽子をかぶらなければ、数分で耳がちぎれそうな位、痛くなります (でも、かぶらない)。車のハンドルは、冷たすぎて、手袋なしでは握れません...

外で暮らしている猫たちが、風邪をひきませんように...
by nekoyama88 | 2007-02-05 12:20 | Comments(2)

クラッカージャック

今年10月に、初めてボストンに行った時、フェンウェイパーク(Fenway Park)で野球を観戦しました。ボストン・レッドソックス(Boston Red Sox) 対 ボルチモア・オリオールズ(Baltimore Orioles) 戦でした。その時は、まだ松坂投手の入団交渉ははじまっていませんでした。だただた、私のアメリカ人の友人が、レッドソックスの大ファンだったので、球場に連れていってくれるよう、お願いしたのです。

ちなみにコネチカット州には、メジャーの球団はなく、街を歩いているとレッドソックス派とニューヨークヤンキース派にでくわします(着ているTシャツやかぶっている帽子を目安にしています。)コネチカットでは、この2球団のファン層は互角ですが、ボストンに近づくと「B」のマーク、ニューヨークに近づくと、「NY」のマークをキャップやTシャツに着けた人が、増えていきます。

ボストンで、「B」のキャップをかぶったおじさんに、見知らぬおじさんが話しかけているシーンに出くわしました。何でも、昨夜、デトロイトタイガーズがヤンキースを破ったらしく、もううれしくってたまらない!という感じでした。何だか、アンチ巨人の阪神ファンを見ているような気持ちになりました。

e0101819_7214865.jpg

私が野球観戦した日は、とっても寒い日でした(でも、最後まで見ましたよ~)。7回裏の攻撃の前に、お客さんたちは起立して、「Take me out to the ball game (私を野球に連れてって)」を歌っていました。全然知らなかったのですが、この曲のメロディーは、イチローが出演していたコーディアル証券のメロディーと一緒でした。

ちなみに歌詞、訳は以下の通りです(http://www.ntv.co.jp/mobi/members/nagano/20030925/)。

Take me out to the ball game,
Take me out with the crowd.
Buy me some peanuts and cracker jack,
I don't care if I never get back,
Let me root, root, root for the home team,
If they don't win it's a shame.
For it's one, two, three strikes, you're out,
At the old ball game.

訳:
私を野球に連れてって
球場の大観衆のもとへ
ピーナッツとクラッカージャックを買ってね もう家に帰れなくてもかまわない
ホームチームを思いっきり応援させて!
もしも勝てなきゃ残念だけど
ワン、ツー、スリーストライクでアウト!
それが野球なのよ

で、これがクラッカージャックです!
e0101819_713882.jpg

ポップコーンをキャラメルでコーティングしたスナックで、味は、東鳩キャラメルコーンに似ています。最初食べた時は、「甘すぎる!」と思いましたが、今はすっかり慣れてしまいました。近所のスーパーで売っているのを発見したので、時々購入しています。

...ということで、松坂投手、入団してくれるといいのにな...と思っている今日この頃です。
by nekoyama88 | 2006-12-10 07:10 | Comments(4)

ニューヨーク (追記あり)

10月末に用事でニューヨークまで行ってきました。ハートフォードのダウンタウン(スケートアメリカが開催された場所:家からバスで10分)から、バスに乗って片道3時間。思ったより遠かったです。こちらはハイウェイに入ると、だいたい時速70マイル(113キロ)で走ります。バスの運転手も同じくらいかこれよりも若干早いスピードで走ります。


で、まずは、用事。大学院の論文指導者の一人に会うことが今回の目的。この方は、ハンターカレッジの教授なので、彼の研究室におじゃましました。おおお、この大学、本当にニューヨークシティのど真ん中にある!都会だ!うちの大学と大違い!ということで、久しぶりに都会の空気に触れ、早くも興奮状態。

e0101819_3185657.jpg


スパイダーマン、発見?!この大学の学生かも。
e0101819_3204778.jpg


1時間程で用事を済ませ、後はマンハッタンを闊歩する計画。それにしても、この先生、早口だった(写真なし)。ニューヨーカーの特徴かもしれません。


地下鉄に乗って、グランドセントラル駅に向かうはずだったけれど、入り口がみつからず、結局地図を頼りに歩くことに決めました。皆、歩くの早い~。姿勢がとってもいい!ビジネスマンがいっぱい!犬を散歩させている人もちらほら。

ピンクの椅子を使ったレストラン。午前11時頃。
e0101819_3211632.jpg



アップタウンからグランドセントラルに向かう途中、クライスラービルを見つけました。ずーっと向こうにちょっとだけ写ってます(見えるかしら?)。
e0101819_3214234.jpg

お昼時はどこもいっぱいで、すわってコーヒーを飲む場所を探すのも難しいくらいでした。久しぶりに日本の混雑を思い出しましたが、とっても刺激的な一日でした。



e0101819_3344743.jpg

おそかったニャン。おみやげは?
注:本当は、ちーこは、とってもお利口さんでお留守番してました。

(追記)
滞在時間わずか6時間の短い旅でした。あまりに興奮していて、空腹も忘れてただただ街中をぐるぐる歩き回っていたような...なので、観光名所の写真はないのです。念願のBook Offの支店をようやく見つけて、中古の平井賢のCDを買って帰りました。あと、日本食も。完全におのぼりさん状態の1日でした。
by nekoyama88 | 2006-11-06 03:37 | Comments(8)

アメリカコネチカット生まれの猫と日本で暮らす


by nekoyama88