カテゴリ:その他( 53 )

サプリメント

口角炎を治すために、らすかる母さんに処方してもらったサプリメント。右下の白い容器に入っているのは、お手製の軟膏。ラベンダーの良い香りがします。
e0101819_11533749.jpg


何かの粉末。お茶に混ぜて一気飲み。ほのかに甘くって結構癖になる味。麦茶やブルーベリーの味がするんですが…(気のせい?)。活性酸素をやっつける成分が入っているらしい。繊維もたくさん入っているんだって。
e0101819_11535716.jpg



1週間経過。良くなって来ました!


と思ったら、今度はちーこがカイカイ中。花粉のしわざでしょうか???
ボンヤリ…
e0101819_120746.jpg

by nekoyama88 | 2011-04-22 11:51 | その他 | Comments(4)

姿勢

Whole Foods にて。


"Look at your posture. Others do. " だって。
e0101819_10371637.jpg




ちーこの首周りより細いがな。
e0101819_1038515.jpg

細く見せようとドリョク中。
by nekoyama88 | 2011-04-20 10:39 | その他 | Comments(0)

Benefit Concert for Japan

みなさま、こんばんは。


コネチカット州ニューへブンのYale大学で、4月中旬に開催される素敵なコンサートを紹介させて下さい。収益金はすべてアメリカ赤十字社に寄付されるそうです。


このたびYale大学並びに同大学音楽部の全面的な協力のもと、
東北地方太平洋沖地震チャリティコンサートを開催いたします   
収益金はアメリカ赤十字社に全額寄付されますので、どうぞ
お誘いあわせの上ご来場下さい



日 時  4月11日(月)午後8時
場 所  Battell Chapel, Yale University
  (Corner of College and Elm Streets, New Haven, CT)
入場料 $20~、学生$10


問い合わせ/チケット予約先 Sprague Hall (203)432-4158 もしくは                  
こちら


<メッセージ>
東北地方太平洋沖地震により亡くなられた方々のご冥福を
お祈り申し上げますとともに、被災された地域の皆様、その
ご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます

全世界に配信された震災の様子は信じられない光景でした
地震と大津波がそこにあったはずの人々の笑顔、家屋、社会を
一瞬で奪い去ったかと思うと本当に胸が詰まります  
   
我々東京クヮルテットはヨーロッパを演奏旅行中でしたが、行く
先々で現地の人たちから暖かいお見舞いの言葉をいただき、
世界中の人がこの震災に我々と同じ様に心を痛めていることを
実感しました
   
海外で暮らす我々が出来ることは限られていますが、その中で
少しでも復興のために出来ることをしようと考え、長らく教鞭をとる
Yale大学音楽部に協力をお願いして今回のチャリティコンサートを
開催することになりました   

コンサート当日は奇しくも震災からちょうど1ヶ月目の日に当たります
そして会場のBattell ChapelはYale大学の「祈り」の場でもあります

出演者一同、困難に立ち向かう被災地の皆さんの心に届くような
演奏が出来ればと思っていますので、趣旨にご賛同いただき大勢の
皆さんに演奏を聴いていただければ幸いです



Yale大学音楽部教授
東京クヮルテット第2ヴァイオリニスト
池田菊衛      



e0101819_1034577.jpg
e0101819_10341987.jpg

by nekoyama88 | 2011-04-01 10:35 | その他 | Comments(2)

ERのお値段

先日、大学病院の救急にお世話になった際の、料金一覧が保険会社から送られてきました。

1時間程ベッドに横たわって、点滴を受けただけです。
ウォークインクリニックに点滴を打てる看護師がいなかったから、救急に行ったのです。
腹痛に怯えながら、自分で運転して行ったんです。問診はちょっとだけ。これといった診断もなかったのに…


総額は600ドル超!
e0101819_1351119.jpg



私が病院に支払う額は35ドルと少額ですが…
この国、やっぱりおかしい。


私が加入している健康保険は州職員のためのものなので、被保険者にとってはかなり良い保険みたいですが…Graduate Asistantとして雇用されていた時は、月々の保険料支払いは10ドルでした。GA終了後も同じ保険に最大15ヶ月まで加入できるのですが、現在は毎月227ドル払っています。


で、払い込んだ金額と今回支払った金額を比べて見ると、2倍以上払ってる~。


良いんだか悪いんだか、さっぱりわかりません。


それにしても、点滴を受けただけで600ドルの請求なんて、日本人としては納得いきません。
アメリカで、うかうか病気にもなれないという意味が、身に沁みた1日でした(涙)。
by nekoyama88 | 2011-02-07 14:02 | その他 | Comments(6)

引きこもり中

年末年始のご挨拶もないまま、ここまで来てしまいました。


師走にバタバタしたせいで免疫がかなり落ちていたようで、ウィルス性の胃腸炎を患いました。


水様性の下痢と激しい腹痛が日に20回以上、4日ほど続き、最後は大学病院の救急で点滴となりました。直前にウォークインクリニックを受診し、「脱水がひどいので点滴をしてください」と頼んだのですが、担当の看護師がいないとかで、救急に行くことを奨められました。
幸い、1時間半ほど待った後で、所望通りのブツを打ってもらい、ようやく復活しました。


何かを食べると20分後には激しい腹痛に襲われたため、最後には食べることが恐怖になり、2日程は何も食べない日がありました。


その後は、温かいものを少しずつゆっくり食べられるようになりました(嬉!)。


あれから3週間が経過し、今は食べたいものを食べる幸せを実感しています。



勉強の方もオシリに火がついた状態で、家からほとんど一歩も出ずに、コンピュータに向かっています。でも、なかなか進まない…です。



ちーこのオクチも良くなったり悪くなったり…
2月になったら、獣医さんに連れていくつもりでいます。
歯のクリーニングもできたらしたもらいたいのですが、どうなることやら。


ということで、今年もよろしくお願い致します。


ちーこ「寒いのよ~」
e0101819_12102157.jpg


ちーこ「ミツカッチマッタ!」
e0101819_129120.jpg

by nekoyama88 | 2011-01-18 12:13 | その他 | Comments(8)

胃痛

寒いからか、それともストレスからか、午後から胃が痛み出しました。

で、でも、食欲はおさまらず…

甘い卵焼きを焼いて、ごはんと一緒に食べようか考え中。あ、梅干も食べようかな。


信じられない寒さ、皆様、風邪など引かれませんように。


ちーこ「ウウ…」
e0101819_9424.jpg


ちーこ「おかーさん、大丈夫?でも、私のごはんは忘れないでね」
e0101819_941348.jpg

by nekoyama88 | 2010-01-31 09:07 | その他 | Comments(6)

浮かない顔

ここのところ、こんな顔をして過ごしていました。
e0101819_2232782.jpg



ちーこ「かーちゃん、上を向くのよ。こんなふうに」
e0101819_2294528.jpg



ちーこの言うとおり、上を向いたら…


こんなモノと
e0101819_2311621.jpg



こんなモノが見えました。
e0101819_2313469.jpg



ちーこ「どこ行って来たん(怒)?」
e0101819_2331474.jpg

by nekoyama88 | 2009-10-12 02:35 | その他 | Comments(4)

殺虫剤 など

南京虫 または ダニ 騒動の続きです。


私が使ったノミダニ駆除剤はこちら。
e0101819_853394.jpg


数年前に動物病院で購入したものです。30ドルくらい。オンラインだと、もう少し安いかもしれません。


<使用方法>
散布前に、生き物は必ず避難させましょう。食器等が外に出ている場合は、カバーをかけます。

部屋の隅から隅までスプレーします。心持ちかかんで、足元、壁と床の間に向かって噴射します。一番奥の部屋から始めましょう。部屋全体に散布した後は、薬剤を吸わないように注意して、外出します。窓は締め切ったままです。

戻って来るのは2-3時間以上経過してからです。帰宅後、すぐに窓を開けて、掃除機をくまなくかけます。


ちなみに業者が使った南京虫用の薬剤は不明です。スミマセン。



こちらは、害虫を寄せ付けないためのスプレー。どちらも液体ですが、ややジェル状です。
e0101819_905555.jpg

Whole Foodsにて購入。1個5ドルから7ドルくらいだったような…
害虫が、シトロネラ(Citronella)という成分を嫌うようです。レモンのにおいというか、トイレのサンポールをもっともっと強力にしたような、強烈なにおいです。虫を追い払う前に、自分の方がやれらてしまいそうな勢いです(笑)。
私の場合は、玄関のドア周りや自分の靴、ジーンズの足元に直接噴射しました。直接スプレーしにくい場所には、ティッシュに含ませて置きました。どちらも揮発性は高かったです。


最後は、痒み止めクリーム。
e0101819_916182.jpg

普通のファーマシーで、購入。値段は覚えていません…虫被害に遭ってから、いろいろと試してみましたが(抗ヒスタミン剤を飲む、冷水を患部に当てる、重曹を塗ってから水洗いする等)、このクリームが一番効いたように思います。重曹はやめた方がいいかもしれません。患部に塗りこんで水洗いしている時は、ひんやりとして気持ちいいのですが、その後、皮膚が薄くなるのか、痛痒くなります。


以上
by nekoyama88 | 2009-09-08 08:30 | その他 | Comments(0)

1Q84

先日、ほぼ2年ぶりにニューヨークまで行ってきました。なかなか刺激的で楽しかったです。勉強が忙しくなる前に、また行きたいです。


その際に購入した村上春樹の最新刊。
e0101819_222947.jpg


あっという間に読み終わってしまいました。上巻だけでなく、下巻も買えばよかったと、今更ながら後悔しています。


2冊まとめて購入するのを躊躇した理由は…1冊の値段がびっくりするぐらい高かったから。日本での販売価格は1冊1,800円。でも、私がニューヨークで支払ったのは28.8ドル(=2,700円位?)。あまりの高さに(私にとってはものすごく高い…)恐れおののいてしまいました。


でも、やっぱり読みたい気持ちが大きくなり…近日中に行ってしまうかもしれません。その際は、「きょうの猫村さん」第2巻も購入するかも~(喜)。



Junior'sのチーズケーキも再び食べたいし…
e0101819_2285495.jpg



Zaiyaにも行きたい。カレーコロッケ弁当5ドル。
e0101819_2315537.jpg



でも、吉野家に行くかどうかは、不明です。
e0101819_228179.jpg

by nekoyama88 | 2009-09-06 02:32 | その他 | Comments(4)

南京虫?ダニ?

書こう、書こうと思いつつ、今頃になってしまいました。とっても痒くて大変だった事件。


あれは、昨年の11月末。サンクスギビングの後、恐怖の事件は起こりました。


最初はソファに無造作に置いてあった白いパーカーを着用した時。お腹のあたりが何となく痒い。見ると赤い発疹が一つ。「何だろ、これ」と気にも留めませんでした。


それから程なく、ひどいことが私に起こりました。起床する度に腕や足を見てびっくり。5-10個の発疹が点々とあります。発見した時はそんなに痒くないのに、数時間すると強烈な痒さに襲われます。もう、とにかく痒くて痒くてたまらないのです。抗ヒスタミンも軟膏も全然効きません。我慢できずかきむしるので、発疹はどんどん大きくそして赤くなり…気が狂いそうでした。勉強も仕事もまったく手につかない位、とにかく痒いのです。マジで、ショック死するかもと思いました。


約1週間、毎朝起きると新しい発疹を発見し続けました。合計で100箇所は咬まれたと思います。


自分なりにいろいろと調べてみると、まず思い当たったのが「ツメダニ」でした。どこの家にもいるらしいこのダニは、通常そんなに数は多くはなく、ヒトを咬むこともないそうです。でも、掃除を怠たったりすると、餌になる別種のダニが増え、ツメダニも増えるという仕組み。結果、人間をも刺してしまうらしいのです。11月頃は、以前より掃除の回数が減っていたので、「たぶんこれだろう」と思い、ツメダニ用の対策を行いました(=布団を丸洗いし、高温のアイロンをかけ、徹底的に掃除)。


それでも、毎朝、赤い発疹は増えています。なので、古い布団を処分して新しいものを購入しました。それでも、新しい発疹は増えるばかり。ただ、面白かったのは、刺されるのは肌を露出している部分だけ(でも、なぜか顔は刺されませんでした)。それまでは、Tシャツ、スカートで就寝していましたが、長袖、長ズボンに変えたところ、刺される場所に変化が起きました。最初は腕&ひざ下がターゲットでしたが、最後は耳のへり、手足の指先、首が標的となりました(これがまた痒いのなんの…涙)。


ツメダニでなければこの症状は何なのか…次に思い当たったのは、草むらに生息するダニ。11月末に友人宅を訪問した際にこのダニを連れ帰ったのか…?はたまた、ネズミや鳥の死体が近くにあって、それが侵入してきたのかと思いました。


症状の改善もないまま1週間が過ぎたので、遂に殺虫剤を撒くことに決めました。以前、獣医さんで購入したノミダニ撲滅用の強力スプレーです。ただこれを使うとなると、ちーこを避難させ、食器類はカバーをかけないといけません。スプレー後、数時間は家を空けないといけないのも悩みのタネでした。なのでずっと躊躇していたのです。


そして、kikiさんの奨めもあり、リーシングオフィスに事情を説明に行きました。日本人のお母さんを持つ女性スタッフは、私の発疹を見てもうびっくり!害虫業者がすぐに手配されました(費用はリーシングオフィス持ちです)。

こんな足、見せられたら驚きますよね~。実物はもっと強烈でした。
e0101819_10221973.jpg


e0101819_11103366.jpg


首も、本当に痒くて、気持ち悪かったです。
e0101819_10223315.jpg



害虫駆除業者が来るまで2時間程の間に、ベッドを解体し、クローゼットの洋服を全部除去して、徹底的に洗濯乾燥させるように言い渡されました。


幸い友人宅が近かったので、ちーこを避難させてもらい、洋服をごみ袋に入れ替え、車でランドリーまで運び、えんえん洗濯を繰り返しました。真冬なのに汗だくです!


この業者が帰った後、念のため、ノミダニ用の強力スプレーも散布しました。後から考えると怖いことをしたと思いますが、この業者(=ネズミ退治に来たおじさんだと思う)、そんなに信用できるように見えなかったので。


自宅に戻ったのは午後10時。それからベッドマットレスにビニールカバーをかけ(アレルギー対策用の、マットレス全体を完全に覆うシーツのようなものが市販されています)、掃除機を延々かけ(普段なら30分で終わるのに、2時間以上かかりました)、ちーこを連れ戻したのは深夜。


友人の家で避難中の飼い主とちーこ。ごはんまでごちそうになりました。
e0101819_10301872.jpg



この業者はどうも南京虫(bed bug)の仕業ではないかと思っているようです。というのも、私が咬まれたのは決まって深夜、ベッドかソファで寝ている時であり、かゆみの出方が南京虫のようだというのです。同じビル内でも、もっと深刻なケースがあるという噂も。


幸いなことに、このトリートメント以降、まったく咬まれておりません。怪しい虫も実際に見たことはありません。マットレスにも血痕や南京虫の糞の後も全くありません。けれど、自宅に帰ること、夜ベッドで眠ることが恐怖になっていました。そのため、事件後2ヶ月位は完全防備で就寝していました(パーカー、ジャージ、靴下着用)。暗くなるとどこからともなく出てくると聞いたので、消灯せずに寝てました。これが本当につらかったんです(号泣)。



それ以降、フォローアップと称して、既に4度程南京虫撲滅トリートメントが実施され、私はその度に荷物とちーこを抱えて大移動です。彼らは、「あなたの部屋はとってもクリーンで、何の問題もないんだよ。でもよそから来ると困るからね。念のためにやってるんだよ。」と言います。私の部屋はきわめて普通の部屋なのに、それがクリーンだなんて、よそはどれだけ汚いのか…これまた恐怖です。


恐怖のトリートメント実施のお知らせ。
e0101819_10392686.jpg



6月の避難時。行ったりきたりする、私の声を聞きつけて、窓辺までやってきました。
e0101819_11224375.jpg

e0101819_10402550.jpg




結局、何が起こったのか、詳しい説明もなく、誰が持ち込んだのか、何が原因だったのかわからないのですが、現在は問題なく過ごしています。


で、この事件から得た教訓。草むらには近づかない。旅行から帰る際は、スーツケースに何か異変がないかチェックする。害虫対策のスプレー(人間の肌に噴射するもの)を旅行時には持参し、スーツケースにもかけておく。ホテルに宿泊する際は、ベッドマットレスに何かおかしな虫がいないかチェックする(→kikiさん情報)。そして、ゴミ収集場付近に捨てられているソファやマットレスには近づかない、持ち帰らない!です。同じビル内で、これをやった住人がいるようで、先日のトリートメントは以前より大規模になっておりました。


そして、室内飼いの猫でも、フロントライン等の薬は常備しておくこと。私が痒みに襲われた後、たまたま冷蔵庫で眠っていたこの薬をちーこに処方しました。幸い、彼女は虫のターゲットにはならず、それだけはラッキーでした。



見えない虫、本当に怖いです。まだ、草むら怖いです。
by nekoyama88 | 2009-08-10 11:28 | その他 | Comments(2)

アメリカコネチカット生まれの猫と日本で暮らす


by nekoyama88