カテゴリ:ねこ( 157 )

ちーこ

スーパーに買い物に行ったら、


薔薇が1本75セントで売られていました。



気がついたら二本購入してました。



花好きのちーこ、興味津々です(ネコに無害のバラだけはたまに購入)。
e0101819_103576.jpg




シャッター音とカメラの光が気に入らないのか、ネコパンチが飛んできました。
e0101819_103616.jpg




本当、写真が嫌いなんです、うちのネコ。
e0101819_10374346.jpg



顎の様子。
e0101819_10442278.jpg


ごめーん。
by nekoyama88 | 2013-11-03 10:33 | ねこ | Comments(0)
久しぶりにほっこりする時間を楽しんでいます。



まだまだやるべきことはたくさんありますが、



リラックスする時間も大切と思い、努めてそのような時間をとるようにしています。



張り詰めていた気持ちがほぐれたせいか、



昨日より風邪っぴき。



人間の身体は心と連動しているとしみじみと実感する今日この頃。




さてさて、今日もネコのお話です。




忙しくても時間を見つけて通っているアニマルシェルター。




ジャッキーにそっくり(ジャッキーより1年上なのに、超小柄)な、シルヴィーに会うのが目的。
e0101819_2184426.jpg




1ヵ月半ほど前に、彼女は新しいお家を見つけたのですが、




シェルターに舞い戻ってきました。




外でウロウロしているところを、近所の人が目撃し、アニマルコントロールに通報されたとのこと。




シェルターを巣立って行く子が良いおうちを見つけることをいつも祈っていますが、



シルヴィのように当たりの悪い場合もあります。



幸い彼女は事故にあったり、病気になることもなく帰ってきたので、ホッとしていますが、



本ネコにとっては大迷惑なことで、



おかんむり。



2週間の検疫中もずっと不機嫌に泣いていたそうです(当たり前ですよね)。




遊びが終わる頃にいきなり態度を豹変させ、怒りますが、
e0101819_2173282.jpg




ゴロゴロいったり、上手におもちゃで遊ぶ姿は本当に可愛いです。







もう1匹、気になっているのはペニーアップル。




彼女もシェルター生活が長いですが、



噛み癖があり、



スタッフもボランティアもあまり彼女とは関わっていませんでした。



ところがひょんなことから、病気になった彼女。



回復しなければどうなるのかと心配になり、スタッフに聞いたところ、



「大丈夫、大丈夫。彼女にはまだ里親を見つけるチャンスがある!」と聞き、



ジャッキーが巣立った後は、アップルと一緒にいる時間を取るようにしています。



その後、スタッフの注意も彼女に向いたせいか、



短時間なら頭部周辺を触らせてくれるようになり、



ケージを開けると、膝に乗ってくるまでになりました。
e0101819_2203844.jpg




そんな中、シェルターの責任者が英断を下し、



集団で生活する部屋(キャットピア)に彼女をいきなり投入!



他のスタッフが泣きそうな顔で見守る中、



約1週間程はマイケージで過ごしていましたが、



何と自分で外に出て、他の子とも、少しずつですが交流しているそうです。
e0101819_2212112.jpg



こういう変化や適応能力を見ると、



「しょうもないことで悩んでいてはいけない。この子たちを見習わねば。」



と思ってしまいます。



シェルターのネコさんたち、健気だけどたくましいです。

e0101819_2215592.jpg

by nekoyama88 | 2013-11-03 02:15 | ねこ | Comments(0)

その後

みなさまこんにちは。



最近思いも寄らないことが、立て続けにおこり、



そんな状況に翻弄されているちーこの飼い主です。



最初は「負けないぞー」という感じでしたが、



最近は「なるようにしかならない、最善を尽くして後は流れに身を任せるのみ…」



と思うようになりました。



それでも日々、状況の変化とともに感情のアップダウンはあります。





さて、カンザス生活も残りわずかとなりました。
e0101819_2271047.jpg


e0101819_2272519.jpg



そんな中、ちーこのアレルギーが長引いています。



コンベニア、ステロイドの錠剤など、いろいろ試しましたが、全快しません。



本猫、痒いからなのか、飼い主の愛情が足りないのか、


最近、凶暴性が増しており、


飼い主、さすがに「これではいかん」と動き出したところです。




10月初旬から、ちーこは「アトピカ」という薬を毎日飲んでいます。
e0101819_2192733.jpg



元は犬用のみだったものが、猫用液体として売り出されたらしいです。



信じられないくらいまずいらしく、注射器で与えた後は、走って逃げます。



1日1回の処方ですが、免疫抑制剤なので、



最初に嘔吐画続き、その後軟便症状が続いています。



動作はやや緩慢ですが、食欲は普通にあります。



一時、便に血が混じり驚きました。
(ブツ写真OKの方は次へ)

More
by nekoyama88 | 2013-10-28 02:16 | ねこ | Comments(4)

Gooday!

待てど暮らせどポリスレポートが上がってこないので、



土砂降りの中、



ひしゃげたバンパーのままの車を運転して、



アニマルシェルターまで行って来ました。



施設に入ってすぐの場所で、



スタッフのジェニファーに挨拶すると、



かしこまった表情でなにやら話しかけてくる。



よくよく聞くと…



本日、ジャッキーの里親候補が現れたとのこと。



2匹の子猫も引き取りたいとのことで、



同じ部屋でおそるおそる放してみたら、



ジャッキーは普通に対応していたとのことで、



うまくいけば



今日中に新しいお家に行けるらしいとのお話。



「この雨、この車、どうしよう」と思っていただけに、



ジャッキーの新しい出発に間に合って本当に良かったと思いました。



本日は手数料が無料の日なので、



人がいっぱいでした。



そんな中、何度も何度もジャッキーを抱っこし、



話しかけ、



一緒に遊びました。



彼女はおそらく自分の身に起こるだろう変化に



気付いているのでしょう。



姿勢や遊びへの集中度が



いつもと違うように感じました。



新しい飼い主と会うことは叶いませんでしたが、



フロントスタッフのアリッサとも話し、



二人でうれし泣きしました。



ジャッキーの新しいお母さんは、



つい最近、長年飼った猫を見送った方だそうで、



おうちに長くいることができる人だそうです。



相性が合わなければ、シェルターに戻ってくる可能性もあるけれど、



今はジャッキーの幸運を祈るばかりです。



ジャッキー、良かったね。



幸せになるんだよ!



e0101819_1353369.jpg



e0101819_1392323.jpg



e0101819_1394896.jpg



ジャッキー「マカシトケー!」 (ブレブレ…)
e0101819_13101650.jpg

by nekoyama88 | 2013-08-16 13:05 | ねこ | Comments(2)

窓辺のちーこ

シカゴからローレンスのアパートメントに帰ってきたのが2週間ほど前。


自宅の正面に駐車場があるのですが、



送ってくれた友人の車の中から自宅の窓をぼんやり見ていると、



なにやら白黒の影が…



ちーこでした。



飼い主、必死に手を振ってかーちゃんの帰宅を知らせると、



「ハッ」と気付いたようで、



窓辺から降りて、玄関に向かう姿が見えました。




思ったとおり、玄関でニャオニャオいいながら、待ち伏せしていました。





ハートフォードに居た頃は、3階と1階でこんなやりとりが、時々あったのですが、



カンザスに来てからは初めてです。




飼い主、びっくりするやらうれしいやら…




それ以来、たまに窓辺に座ってかーちゃんの帰りを待つようになりました。



e0101819_554258.jpg




e0101819_5541387.jpg




e0101819_554322.jpg



e0101819_5544197.jpg

by nekoyama88 | 2013-08-05 05:52 | ねこ | Comments(0)

アレルギー再び



お天気の良い日は、朝夕ベランダで過ごすのが日課となりつつあるウチのネコ。



直射日光が当たらなくても、鳥の声をじかに聞いたり、風に吹かれるのは楽しいご様子。



一方で、花粉が大量に飛んでいるのか、またまたオクチのアレルギーがひどくなってきました。



車にもうっすらと花粉が積もっているし、そういう季節なんでしょうね…



残っていたアレルギー対策の錠剤を断続的にあげているのですが、


赤味を帯びてきたようにみえます。



またまた病院行き?


ちーこ「ビョウインヤダー」
e0101819_10544614.jpg

by nekoyama88 | 2013-05-28 10:55 | ねこ | Comments(0)

Jackie

今日は、2012年の11月末から、Lawrence Humane SocietyのAdoption Roomで
新しい家族をずっと待っているタキシードキャットのJackieを紹介します。


見た目も性格もどことなくちーこに似ているJackieは現在4歳。
基本、人に媚びることなく、真実を見透かすかのように真っ直ぐに人間の目を見るネコです。
プレイルームで1対1で遊ぶと、最初は床にでーんの伸びて、お腹やら背中やらを触れるのが大好きです。


e0101819_1231566.jpg
ヒモや既成のおもちゃでも上手に遊びます。



遊びが終わる時間が近付くと、椅子の陰に隠れたり、部屋の角にたたずんだまま上を見上げ、ジャンプをします。私には、「自分の部屋に帰りたくない、まだ遊んでいたい」と言っているように見えました。


そんな姿を見て以来、彼女とはできるだけ長く遊ぶようにしていました。
普段は30分、長い時は1時間を超えていました。


基本、私は週に一度しかこの施設には顔を出しません。
訪問前にはオンラインのウェブサイトをチェックし(写真が消えていたら新しい家族の元にもらわれた可能性が高い)、担当者に問い合わせることが慣例となっていました。


数週間前、ウェブサイトにもネコルームにも彼女の姿がありませんでした。
何となく胸騒ぎがして、フロントスタッフに聞いてみました。


すると思いも掛けない返事。
週末にやってきた里親候補・訪問客を噛んだとのこと。
そのため州法に沿って、10日間の隔離、検疫で奥の部屋で管理されているというではないですか。


「ようやく彼女にも新しいおうちが見つかったのかも!」と思っていただけに、
胸がつぶれるような気持ちになりました。


ここのアニマルシェルターはNon-Kill Shelterではないだけに、
このまま安楽死させられたらどうしよう…と不安でいっぱいになりました。


居てもたってもいられないので、昔通信教育でお世話になった動物虐待に詳しい先生にメールで問い合わせをしたり、現在お世話になっている獣医さんに話を聞いてもらったりしながら情報を集めました。


獣医さん曰く、例え誰かを噛んで施設が訴訟に巻き込まれたとしても、すぐに当該動物が殺傷されることはないこと、隔離されて様子を見ているということは悪いサインではないという返事が返ってきました。


通信教育でお世話になった先生からは、施設の責任者に詳細を聞きなさいというアドバイスがありました。
結果、事件から10日が過ぎて何もなければ、再びAdoption Roomに戻って、新しい家族を探すことになると思うとの回答をもらいました。



それからは、5分でも10分でも時間があれば、Jackieを訪問する日々が続きました。
凛とした姿は変りませんでしたが、どことなく淋しそうで、元気な姿を見ても心配でたまりませんでした。



その後、11日目にしてようやくAdoption Roomに戻ったJackie(部屋が満杯で復帰が遅れたとのこと)。



先日はひざにのったまま、1時間以上うたたねをしたJackie。
安心しきった姿を見て、うれしい反面せつなかったです。



施設のスタッフは、私が訪問すると「今日のJackieはどうだった?彼女を訪問してくれてありがとう!」と言ってくれます。彼らも心配しているのだと思うと、最後まで諦めることなく、彼女の新しい家族探しを見守ろうと思います。



昨日の訪問では、以前のようにいきなり不機嫌になったJackie。


彼女にぴったりのやさしい家族が現れますように!

e0101819_11581036.jpg

by nekoyama88 | 2013-05-27 11:34 | ねこ | Comments(0)

ねこ

ある日のちーこ。
キャットタワーでまったりする姿を久しぶりに見ました。
e0101819_12352986.jpg


e0101819_12354935.jpg



アニマルシェルターで、新しい家族を待っているクラウド。
e0101819_12372619.jpg



巨体ですが、高いところにも平気で登ります。
e0101819_12385163.jpg




サンクスギビング前から、半年も新しい家族を待っているジャッキー。
見た目も性格もちーこと似ているため、とても気になるネコです。
ここ2週間ほどは、気になって週に2-3回、訪問しています。
シェルターで彼女に会えないと淋しいですが、それ以上に一刻も早く新しい家族が見つかることを祈るばかりです。

e0101819_1240132.jpg
e0101819_12402671.jpg

by nekoyama88 | 2013-05-20 12:34 | ねこ | Comments(0)
数日前、ローレンスに、ものすごい雷雨がやってきました。


4-5時間は続いたと思われます。


稲光と雷鳴、ものすごかったです。


何度もシャッターを押しましたが、光る瞬間を撮ることができませんでした。
e0101819_10211678.jpg



うちのお嬢様、どこにいるのかと探すと…
e0101819_1021387.jpg



最も安全なトイレのクローゼットに隠れてました。
e0101819_10215592.jpg

by nekoyama88 | 2013-05-12 10:22 | ねこ | Comments(0)

三段腹

ちーこ、アレルギーの治療の副作用なのか、


以前にもまして食べる量が増え、


現在の体重は13.68パウンド(=6.2キロ)。


後ろからみたらこんな姿になってました。
e0101819_1042680.jpg



飼い主、焦っております。


毎日、少しでも痩せるよう、プチ努力ちう。



伸びをしながら飼い主の元に向かう姿。
e0101819_1063347.jpg




鳥を見て「カカカカ…」と鳴く姿。
e0101819_1093667.jpg




その後、毛が逆立ってました。
e0101819_1095922.jpg

by nekoyama88 | 2013-05-12 10:06 | ねこ | Comments(2)

アメリカコネチカット生まれの猫と日本で暮らす


by nekoyama88