カテゴリ:ねこ( 157 )

ちーこ病院へ行く

2月初めから、あごの腫れが一向に改善しなかったちーこ。



以前に処方されていた錠剤も、ゆるやかに効いてはいるものの、



一旦やめるとまた悪くなるの繰り返しでした。



朝よりも夜の方がかゆみが増すようで、



暗闇の中でかきむしる音を聞くことに



飼い主が耐えられず、



重い腰をあげて動物病院に行ってきました。



先生といろいろとお話した結果、コンベニア注射を打ってもらいました。



ステロイドの錠剤ももう少し続けてみることになりました。



先生の所見では、コンベニア注射が効くような症状ではないようですが、



帰宅後の様子を見ていると、飼い主が見る限り、明らかに違います。



何といってもかきむしりがピタッとやむのです。



そして毛並みがソフトになり、気持ちも多少穏やかになっているように見えます。



錠剤も今のところ12時間置きに与えていますが、喜んで食べてます(錠剤を、ハンマーで砕いて4分の1にしたピルポケットでくるみ、お団子にします。その後、フォーティフローラの顆粒をまぶしてお皿においておくと、知らない間に完食しています)。



そして今回も、先生は鎮静剤を打つこともなく、普通に口の中やあごをチェックし、



体重計の上に素手でちーこを乗せ、



元のキャリーに戻しました。



ちーこは最初から最後まで唸っていましたが、



先生に噛み付くこともなく



おとなしくしていました。



ちーこ、優しい声のゆっくり動く人がお好みなようです。



先生と私がしゃべっている時も、こんな顔をして私の方を観察していました(ひょえー!)(やっぱりまたまた体重が増えてました…。)
e0101819_1453824.jpg


先生がいなくなると、部屋中を歩き回ろうとするので、持参したブランケットをかけたところ。
e0101819_146517.jpg


飼い主に制止されて、あきらめてブランケットに潜りました。
e0101819_1484448.jpg



これで視力検査したいです。
e0101819_14112560.jpg



今回も、ドライブ中におしっこ、嘔吐で大変でしたがそれ以外は飼い主もちーこも最少限のストレスで済みました。先生、ありがとー。


あ、でも、お薬代上がってました。特にコンベニア注射は前回の1.5倍!えーん。
by nekoyama88 | 2013-03-29 13:55 | ねこ | Comments(2)

Chiko's 8th Birthday

2月15日の金曜日、一日遅れでちーこの誕生日パーティーを催しました。


招待客は、中国人一人と韓国人一人。
秋セメスターで同じクラスを受講した人々。


中国人の方は、別の友人の誕生日パーティーがあったにも関わらず、「こちらが先約なので」と
来てくれました(彼女を呼んだ友人も猫好き、中国から飼い猫を連れて来たつわもの。「ネコの誕生日パーティだから」というと「わかった、言って来い」となったそうです…笑)。


ここのところバタバタと忙しかったので、
メニューはなんちゃってオムライス、茹でた野菜、パンプキンスープ、お茶漬け(→炭水化物オンパレード)。
e0101819_4281329.jpg



二人とも、お茶漬けにやたら反応してました。
e0101819_4283695.jpg




デザート部門。
e0101819_4402534.jpg




主賓とお誕生日ケーキ(デコレーションは友人)。
e0101819_4373472.jpg




主賓の態度。でーん。
e0101819_44167.jpg



途中から雪が降り始め、真夜中には積もっていましたが、皆さん無事帰宅されました。



部屋を掃除したり、下準備をしたりと手抜きの割には大変だったけど、楽しかったです。



ちーこ、8歳の誕生日おめでとう!いつまでも長生きしてね。


追伸:
ちーこ 「アタシヲダシニシテタベマクッテタ、カーチャン。ローソクモツカイマワシヤシ。
マア、ゼンジツ、マグロマツリヤッタカラユルスケドナ」
e0101819_4533893.jpg

by nekoyama88 | 2013-02-18 04:25 | ねこ | Comments(4)

ペットシッター終了

今日26日、無事にキャットシッターを終えました。


何事もなければ、飼い主は今夜遅くに帰宅するはず。


ここ数日は、床に落ちた“大”に遭遇することもなく、
二匹ともお腹は快調なご様子。


飼い主にたくさん甘えて、再会を喜んでほしいです。


今日は、2匹ともベッドで寝ていました。
e0101819_1162424.jpg


呼ぶとPepperがやって来ました~。
e0101819_117559.jpg



雑用を終えて、Pepperを探すと…こんなところにいました(この洗面台、かなり小さいのによく収まったねえ)。魂抜けてますよーん。
e0101819_1185499.jpg



昨日はまだ不安そうなお顔のCardamomでしたが…
e0101819_11123745.jpg



本日は、迫力のボディを公開。
e0101819_1113877.jpg



ちーこは、おうちで好物のケーキドーナツを試食中。
e0101819_11172994.jpg

by nekoyama88 | 2012-12-27 11:06 | ねこ | Comments(0)

Cardamom をなでる

ペットシッター4日目。


飲み水を替え、ご飯を足し、トイレを片付け、Pepperと遊んでから、
ベッドルームをそっと覗くと…


Cardamom、ベッドの上で寝てました!
距離が日毎縮まっているようで、ちーこの飼い主大喜びです。
手前がPepper。奥がCardamom。
e0101819_1421077.jpg



大きさは随分違うのですが、姉妹なのでやっぱり似てます。
e0101819_1433943.jpg



まるい。
e0101819_144464.jpg



この後、ずっと撫でさせてくれました。お母さん不在の4日間、誰からも撫でられなかったのだから、さぞかし淋しかったことでしょう。控えめにゴロゴロ喉を鳴らしていました。


3日目にごはんに振りかけたFortiflora(猫用整腸剤)が効いたのか、シッターに慣れたのか、4日目には下痢はおさまり、綺麗な形の大を確認しました。でも、お尻には乾いた大きな「大」がくっついたままなので、あのブツが何とかなればいいのに…と思っています。


さて今日はどんな風になるのでしょう?


おまけ


Pepper。
e0101819_1502223.jpg



ちーこ。
e0101819_1505434.jpg

by nekoyama88 | 2012-12-26 01:44 | ねこ | Comments(0)

Pepper & Cardamom

12月21日から、友人のネコのお世話をしています。


カンザス大学大学院入学のため、ノースカロライナから車でネコ2匹と引っ越してきたアメリカ人。(私と同じように、仲良しの女友達がドライブを手伝ってくれたそうです)。


クリスマス休暇をノースカロライナで過ごすべく、一路東へ。


姉妹ネコの名前はPepper & Cardamom。
ロシアンブルーのような毛並みの姉妹ですが、性格が正反対とのこと。



社交的なPepperだけが私の後をついて回るか、じーっと観察しています。
Cardamomの方は慢性的な下痢のようで、床が大変なことになってました。
二回の訪問中、まだ一度も姿を見ていません。



私を観察するPepper。
e0101819_056209.jpg




自分の影を不思議そうに見つめるPepper。
e0101819_0565240.jpg



カンザスのアパートは北向きなので、日差しがほとんど入らない我が家。
日の当たる場所でくつろぐPepperがうらやましかったです。
ちーこにも日向ぼっこさせたーい!
by nekoyama88 | 2012-12-24 00:54 | ねこ | Comments(0)

嫌いなものは隠す

誰かさんが、ウェットフードの入ったボールにこんなこと、してました。
e0101819_12384358.jpg



目線を逸らす容疑ネコ。
e0101819_12391134.jpg



フタをとったらば…
e0101819_1239421.jpg



完食!あれ?拍子抜けの飼い主。


でも本日は、排泄物を隠すかのように、お呼びでないウェットフードを隠してました。
e0101819_12411326.jpg



おまけ:近所の小さいモールに突如出現したキリスト+アルファ。
e0101819_12444055.jpg


夕焼けをバックに、ちょっと怖かった私です(汗)。
by nekoyama88 | 2012-12-04 12:43 | ねこ | Comments(4)

ちーこの病院

ステロイド注射ではよくならず、


10月末に再びCat Clinic of Lawrenceに行ってきました。



コンベニア注射を打ってもらい、



経口投与のステロイド錠剤と、



直接塗る液体サプリメントを処方され、



ようやく快方に向かってきました。



ただ年齢のせいなのか、完全には治らないのが厄介なところ。



でも本猫はご機嫌なので、よしとしています。



そして今回も、先生は鎮静剤や麻酔なしで、ちーこを診療。



私も先生を待っている間、ちーこをキャリーケースから出さないようにしたり、



ちーこのにおいのついたブランケットをもって行ったり、工夫しました。



「コネチカットの友人達が、先生が素手でちーこを触ったことに驚いていました」と話すと、



「この子はちょっと怖がりなだけ。どうしても触れない子ではないですよ。」とニッコリ。



会計も95ドルとまたまた信じられないくらい良心的!



先生ありがとー。

病院外観。教会を再利用しているとのこと。
e0101819_553698.jpg


病院の看板。
e0101819_5534228.jpg


受付。後ろはボーディングハウス。1日19ドルだったと思う。縦一列が一匹用。下には完全に姿を隠すことができるボックスがあります。
e0101819_55413.jpg


こんなステンドグラスが天井にあります。
e0101819_5542463.jpg


ちーこ「アタチヲスデデサワルナンテ…ココノセンセーナカナカヤルワネ」
e0101819_5544125.jpg

by nekoyama88 | 2012-11-26 05:52 | ねこ | Comments(2)

Cat Clinic of Lawrence

ちーこの顎の腫れが一向にひかないので、


飼い主、重い腰をあげ、ちーこを連れて動物病院に行ってきました。


小さいタウンなのにざっと数えただけでも7軒もある獣医さんから、今回選んだ動物病院は…


Cat Clinic of Lawrence


この動物病院を選んだ最も大きな理由は、ネコ専門病院だったことです。コネチカット在住時もお世話になったのは、ネコ専門病院だったのでネコに特化した病院があるのなら、そちらに行きたかったのです。待合室もネコだけなら比較的静かだし、ちーこのストレスも最小限になるのではと考えました。



この病院を選んだ第二の理由は、獣医さんが東海岸地方での実践経験があることでした。あ、単に飼い主がコネチカットを懐かしがっているだけなんですけどね(笑)。



ただ、この病院、まだ開業して1年足らず、利用できる時間帯も曜日によって異なるため、



ずっと二の足を踏んでいました。



自宅から車で片道15分ほどかかりました。コネチカットでお世話になったCats Limited Clinicとほぼ同じ距離です。



そしてちーこは、案の定、走行中に嘔吐とおしっこ。



いつもなら敷いてあるシーツを上手にまとめて、自分の身体に汚物がつかないようにするのに、
この日は吐瀉物まみれ…(ごめんよちーこ…涙)



予約時間より20分ほど早めに到着しました。



必要事項を渡された用紙に記入し、診察がはじまりました。



ここは女性獣医が一人、男性看護師が一人、女性受付が一人なのですが、



全員大柄でした。



診察前に「以前の病院では獣医師はちーこに直接さわることができませんでした。鎮静剤を打った方がいいかもしれません」と小さな声でつぶやくと、



「わかりました。では、(怖がらせないように)ゆっくりやりましょう」というお返事。



獣医師の白魚のような手がいつ血だらけになるかとハラハラしながら飼い主が見守る中、



その獣医師はちーこの頭をなで、耳に体温計を入れ、口を素手で開けてチェック。



飼い主、驚愕!



その後、抗生剤の注射をお願いしましたが、注文しないとないとのことでしたので、
継続して効果のあるステロイド注射をお願いしました。



で、帰宅後のちーこ。疲れきってました(病院から帰宅後、こんな状態になることは滅多にありませんので、飼い主心配しました。機嫌は良かったんですがね)。
e0101819_61225100.jpg



翌日から若干食欲が落ち、おしっこのアンモニア臭がきつくなりました。



インターネットで調べてみると、長期間効くステロイド注射は免疫を抑制するようで、
その結果膀胱内で細菌が繁殖し、アルカリ性になるらしいです。こうなると、ネコのおしっこはものすごく「におう」ようです。おしっこが酸性に傾くようにすれば、症状は徐々になくなっていくらしいので、ゆでたささみとRoyal CanineのSOを若干多めに与えました。


それから数日後のちーこ。全快ではありませんが、真夜中に顔のまわりをかきむしる症状が消えました。
e0101819_62022.jpg



ソファカバーにもぐる、「うわばみ」ネコ。
e0101819_639563.jpg



中をのぞくと…
e0101819_6394765.jpg



出てきました。
e0101819_6402389.jpg



このまま良くなってくれるといいのですが…


因みに獣医さんでのお支払いは…
1. Physical Exam $39.00
2. Depo-Medrol Injection (0.5ml) $12.00

合計 $51.00 でした。


動物病院でのお支払いが二桁台なんて、過去にあっただろうか?って感じです。
オンラインでのレビューでも「Reasonable Price」って書いてありましたが、本当みたいです。


おしまい
by nekoyama88 | 2012-09-17 06:04 | ねこ | Comments(6)

アレルギーの季節

ここ1週間ほど、下あごが腫れているちーこ。


錠剤を粉末にし、ピルポケットに包んで与えているのですが、


どうやら嫌な思い出と繋がっているみたいで、食べようとしません。


私が日本に出発した日以来、


あんなに喜んで食べていたピルポケットを頑なに拒否。


1日たってもそのまんま。


2日たってもそのまんま。


なので本日は作戦変更。



お腹がすいたのを見計らって、大き目のドライフード一つ一つに小さく丸めたピルポケットを


ぺったりと貼り付けて、手のひらから与えてみました。


したらば…ゴロゴロ言いながら、よーやく食べてくれました。


とりあえずホッとしました。


でもお薬は残り1回分しかありません。


これで腫れがひかなければ、病院行きです。


あー、どうなることやら。


しかも行ったことのない病院です(Cats Limited in CTは遠くなりにけり…)。


本猫自身はカキカキする以外は、食欲もあり至って健康なのですが、


見ている側は痛々しくって仕方ありません。


Yuccaというサプリメントも買ってきて与えはしましたが、


ミントが配合されているらしく、



ウェットフードに振りかけたらそこだけ残します。



うーん、やっぱり一度診てもらった方がいいかもしれません。


涙。

e0101819_12353381.jpg

by nekoyama88 | 2012-09-05 12:30 | ねこ | Comments(0)

バルコニーデビュー

今日は最高気温が93F(34C)と涼しかったカンザスです。散歩でもしようかと思いました。


それにしても人間の適応能力はすごいですね。私は夏が嫌いというか苦手なのですが、
34Cが涼しいと感じる日が来るなんて夢にも思いもしませんでした。ただ、サンダーストームのせいなのか、いつも以上に蒸し暑かったです。今日は顔まで痒くなってしまいました(あせもの症状?)。


気がつけば、カンザスに到着してから早1ヶ月。何をしていたのか…たくさんのことをこなした気もするし、何もしてこなかった気もします。でも「本当にやらなければならないことにまだ取り組んでいない」というのが実情です。この後、用事で日本に帰国するのでまたまた落ち着かない日々ですが、限られた時間をできるだけ有効に使えたらと思っています。


最近カンザスで感じることは、家賃や車に関わる費用はびっくりする位安いのに、消費税はコネチカットより高いこと(8.85%)。2.5%の差は大きいです。また、食品や外食にかかる代金もコネチカットとあまり変りません。特に肉類は高いように思います。以前から肉はそう頻繁には買わなかった(単身世帯には多すぎる量しか販売されていない、家で肉を焼くとちーこがうるさい、外食で食べることができる)のですが、最近は高すぎて買う気にならないというのが本音です。



ところでここのところ、ずっと夕焼けが綺麗です。気が向けば、ちーこをバルコニーに出します。
最初は、フェンスの隙間から脱走するのではないかと心配で、張り付いて監視していましたが、
最近はちょっとだけ彼女の好きなようにさせています(でも、万が一に備えて気持ちの準備はしています)。



本日の夕焼け。
e0101819_1151311.jpg



室外機の向こうが気になる(でも行くと叱られる)。
e0101819_11544999.jpg



おや?
e0101819_11565314.jpg



カーチャン…
e0101819_1202981.jpg



ア、クルマキター。
e0101819_1213740.jpg



この後、脱兎のごとく、リビングに向かったちーこです。


おしまい。
by nekoyama88 | 2012-07-09 11:47 | ねこ | Comments(0)

アメリカコネチカット生まれの猫と日本で暮らす


by nekoyama88