カテゴリ:おでかけ( 80 )

25年ぶり?

四国に引っ越してから、


京都時代の学部の先輩にほぼ四半世紀ぶりに再会しました!


学年は一つ違いですが、同じサークルに所属していたのです。


忙しい中、お迎えに来て頂き、瀬戸内海が見えるフレンチのお店でごちそうして頂きました。


お魚(鯛だった?)。
e0101819_22272884.jpg



お肉(豚だったかな)。
e0101819_22274028.jpg



昔話から、現在の仕事の話、お子さんの話など、


おしゃべりしていたら、あっという間に時間が過ぎ…


「また会いましょう!」と行ってお別れ。


ごちそうさまでした!


私が出かける直前のちーこ。
e0101819_22321090.jpg



帰宅後のちーこ。
e0101819_2233013.jpg

by nekoyama88 | 2015-03-30 22:30 | おでかけ | Comments(0)

台湾旅行

1月3日(土)から6日(火)まで、友人の結婚披露宴に参加するために、


台湾まで行ってきました。


台北桃園空港にお迎えに来るはずだったホテルタクシーが来ず、


空港のインフォーメーションセンターのスタッフの手を煩わせました。


が、空港管轄のタクシーを見つけ、無事、苗栗郡のホテルまで辿りつくことができました。


インフォーメーションセンターのスタッフは日本語が堪能で、かつ信じられないほど親切でした(ホテルに何度も電話して理由を確認してくれた後、タクシーの値段と乗り場を確認し、居心地の良いホテルなのでキャンセルしない方が良いなどのアドバイスをくれました)。


タクシーの総額は2100台湾ドル。


これにチップをつけたら、1万円超え…


ホテルは大変良かったですが、懐が寒くなりました。


しかし、このホテル、周りは零細自動車修理工場のようなものが立ち並ぶ界隈にそびえたっており、風景に溶け込んでいませんでした。


日本語堪能なホテルスタッフに、近所でおいしい台湾料理を食べさせる場所を聞いて行ってみました。

私房菜
期待せずにいきましたが、しょうがの千切りが山ほど入った牛肉炒め、おいしかったです。身体がポカポカになりました。
e0101819_13511178.jpg

冬瓜とあさりのスープも、貝がプリプリで美味でした。
e0101819_13515891.jpg



翌日はまたまたタクシーに乗って、結婚披露宴会場の日本食レストランへ。


250名ほどの招待客がいました。噂には聞いていましたが、正装している人から普段着の人までさまざま。明るめの色の服を着ている人が多かったです。私は紺系の服で行きました。


ごはんは、巻き寿司や刺身もありましたが、純和風というよりは、アメリカでよく見かけるなんちゃって日本料理(?)でした。最後には鍋まで登場し、頭の中で「どこが日本料理?」という言葉がぐーるぐる。


最初に出てきた甘いデザートは良かったです。
e0101819_13594446.jpg



受付でご祝儀を渡したら、いきなり手渡されたのが、赤と黒のパッケージに入った巨大月餅×2。
実家の面々は変わったモノは食べないので、他の人にいらないか尋ねたら、「おいしいから、ホテルで食べたら」と言われましたが、そんな巨大なモノをたった一人で食べつくすことは不可能なので、日本まで持ち帰りました。が、やっぱり実家でも、誰も食べない。8等分にして一人で食べていますが、食べるたびに香料の匂いにノックアウトで、気持ち悪い。もう一つのゆで卵入りの月餅は母と一切れずつ食べて、残りはさようなら…(食べ物を無駄にしてごめんなさい!)
e0101819_1433445.jpg

e0101819_1435774.jpg

e0101819_1454167.jpg



披露宴自体は2時間程で終了したものの、ここ苗栗市から台北まで重い荷物を持って帰らなければならないのですが、列車は既に満席。片道2時間のリムジンバスを友人のお母さんが予約してくれましたが、予定出発時刻まで3時間半もある。その上、台北駅からホテルまで行くのにどの交通手段が最善なのかもわからず、「どーしようーかなあ」と思っていたら、友人の友人がホテルまで送ってくれることに!聞けば、このカップルは台北在住でこれから家に帰るので、「ついでだから」とのこと。お言葉に甘えて、乗せてもらいました。もう疲れきっていたので、本当にラッキーでした(漢字だらけの文字を見続けて、疲労困憊)。


台北付近のホテルも新しくて機能的で快適でした(階下の同ビル内にはロイヤルホストやらCoCo壱番屋まであったー)

e0101819_14234093.jpg

e0101819_1424368.jpg



結婚披露宴でいっぱいごはんを食べるはずが、緊張のせいかほとんど何も食べられず、ホテル到着時にはお腹がペコペコでした。友人が持たせてくれたライスロールのようなものも齧りましたが、足りず、近所のカフェiQueen Coffeeに直行。英語が通じるお店のオーナー(?)とやりとりをし、出てきたのがこちら、超巨大ワッフル。
e0101819_14265589.jpg

内部にはバニラアイスが注入されており、量が多すぎて食べきれるか心配でしたが、クリームのみを残して(生クリームではなかった)、完食。おいしかったですが、食べ過ぎで気持ち悪くなりました。


あんなに気持ち悪かったのに、熟睡。翌朝午前9時まで眠りっぱなし。
その後、台湾茶を買いに卸し売りのお店へ。

途中で見たバイクの人々。
e0101819_1513537.jpg

もう一丁。
e0101819_1430232.jpg





お茶屋さんで、凍頂烏龍茶、東方美人茶、鉄観音茶を購入。
e0101819_1431170.jpg

e0101819_14311698.jpg

e0101819_14312873.jpg


150グラムからの販売で、さまざまな品質のモノが揃えられており、値段も他のお店より良心的でした。
オーナーの息子と見られる長身の男性が、日本語でやりとりをしてくれます。彼は英語も話せるようです。でも、このお兄さん、バナナリパブリックのタグを正面にしたTシャツを着ていたので、ふきだしそうになりました。そんなデザインのシャツが最近売り出されたのか、それとも意図的に前後ろ・裏表を逆にして着ているのかよくわかりませんでした。


最後は行天宮というところに行って来ました。
ここは、14年前にも訪れた場所だと、正面に立ってからようやく気が付きました。
障害を持つ人々が、花売りをしていました。
e0101819_14463287.jpg



e0101819_14465548.jpg
e0101819_1447967.jpg
e0101819_14472622.jpg

どちらを向いても赤色が眼に飛び込んできて、少々疲れました。

行天宮付近の地下通路には占い師がたくさんいるらしいですが、一人旅なので、今回は危なそうなところにいくのはやめました。


最後は台北駅。
e0101819_14484964.jpg

いやあ、空気、汚れてますなあ。
e0101819_15174111.jpg

近所の新光三越デパートに行きましたが、日本製品とアメリカ製品ばかりで、買いたいものはありませんでした。


台北桃園空港内のフードコートのバーガーキング。
e0101819_14493852.jpg



中国語は全く理解できませんでしたが、どこにいっても、3人に1人は英語か日本語を話す人がいて、あまり不便を感じませんでした。一方で、漢字は読めるのに発音ができない、漢字ばかりを凝視して疲労が溜まる、こちらは英語で話しかけているのに、日本語で話しかけられることが多く戸惑う、など、ここは外国なのかそれとも日本なのかはたまた別の国なのかと複雑な気持ちになりました。


以上、ドタバタ台湾旅行記、おわり。
by nekoyama88 | 2015-01-16 13:40 | おでかけ | Comments(2)
コロラドスプリングスには2泊しました。



宿泊先のマリオットインはめちゃくちゃ居心地が良かったです(MちゃんとJさんの部屋とは別の部屋をとってくれたJさん、ありがとー!)。



初日は、Garden of Gods観光に出かけました。

e0101819_542256.jpg




e0101819_543499.jpg




赤い岩がいっぱい。

e0101819_57445.jpg



e0101819_585735.jpg



e0101819_581483.jpg



ハイウェイから見ると、夕日を浴びて本当に神様が降りてきそうな雰囲気でした。




翌日は、Pikes Peakへ。

ここから出発します。座席予約制です(大人35ドル、往復2時間ほど)。
e0101819_5155776.jpg


朝7時半なのに、
e0101819_5161769.jpg



人がいっぱいです(←カンザス比)。
e0101819_5164590.jpg



電車のロゴ。
e0101819_5171940.jpg



進行方向はあっち(山のある方角)。
e0101819_5215314.jpg



お行儀よく自分の席に乗り込む人々…
e0101819_5222118.jpg



こんな風景が…
e0101819_523625.jpg



こんな風に変化し…
e0101819_52332100.jpg



頂上に着きました。
寒さと酸欠でクラクラしながら、揚げたてドーナツとアツアツコーヒーを食していたら…
e0101819_524127.jpg



あっという間にお迎えの列車がやってきました(30分ほどの滞在でした)。
e0101819_5244197.jpg




夏場なのに、頂上は死ぬほど寒かったです。
ジャケット必須です。



おまけ:

コロラドスプリングスのオールドタウンで食べたデザート。
e0101819_5362498.jpg



e0101819_5361566.jpg




ローレンスのWheat Fieldで食べたデザート。
e0101819_537162.jpg



e0101819_5365878.jpg





ローレンスの中華バッフェ。
e0101819_5381730.jpg




おしまい。
by nekoyama88 | 2013-08-10 05:00 | おでかけ | Comments(0)
7月初め、お隣の州の観光地、コロラドスプリングスに行って来ました。



デンバーに滞在するという案もありましたが、



単独もしくは女二人連れでは、公共交通機関から程遠い


観光地には行きにくいということもあり(←私見です)、



週末から合流するMちゃんの婚約者に運転をお願いして、



カンザス州横断ドライブに行ってきました。




ローレンス(カンザスシティ空港経由)からコロラドスプリングスまで、




休憩を入れて12時間半、10年モノのトヨタカー、Echoさん、頑張りました。




途中強風、横風にあおられながらも、平常心で運転してくれたJさん、ありがとう!!!



行けども行けども草原のカンザス州、本当に驚きました。



カンザス州東端のローレンスが都会に見えるくらい、何もなかった~)。




人も車も家もない風景が延々と続きます。
e0101819_334371.jpg



風力発電の風車がえんえんと続きます。
e0101819_351196.jpg



トリスの鳥のオブジェのようなもの。これが何なのか、知ってる人、教えて下さい!
e0101819_353120.jpg



物資を運ぶ貨物列車もえんえんと続きます。
e0101819_363172.jpg



ようやくコロラド州との境にたどり着きました(このあたりは、コロラド州と同じタイムゾーンで、セントラルタイムのカンザス時間よりも1時間遅かった)。
e0101819_36567.jpg




空は限りなく美しく…
e0101819_373846.jpg




コロラド州に入ったら、ようやく家が見えました…
e0101819_38621.jpg



山が見えるぞー!(盆地で育ったため、山を見ると不思議と落ち着きます)
e0101819_383782.jpg




閉店間際のマカロニグリルで食べたパスタ。ウェストハートフォードで食べた時よりも、
ずっとおいしく感じたのは何故でしょう?
e0101819_39029.jpg




違うものをオーダーしたつもりなのに、いつも同じものが出てくる。
このパスタもコネチカットで食べた時よりも数段おいしかったです。
e0101819_392035.jpg




つづく
by nekoyama88 | 2013-08-10 02:59 | おでかけ | Comments(0)

シカゴ

7月末、二つの学会で、


口頭発表をこなすために


シカゴに行って参りました。




ギリギリまでパワーポイントを修正し、



何をどう話すのかを頭の中で修正し、



どうなることかと思いましたが、



無事に終わることが出来ました。



予想以上の手ごたえもあり、



達成感がありました。



これが今後につながると良いのですが…




それにしても、シカゴの消費税の高さには驚きました。



高すぎて、ものが買えませんでした…





コーヒーとケーキは、安くて、びっくりする位おいしかったけれど、



ホテルの水のまずさと硬さには辟易しました(ローレンスの水よりも数倍まずくて硬かったです)。



どこに行っても行列、



歩道を渡る人のマナーも車で横切る人のマナーもとっても悪く、



「さすが都会!」と思ってしまいました



(→知らない間に田舎暮らしに慣れてしまった自分に気がつき、ガックリ)。




発表のことで頭がいっぱいで、街を楽しむ余裕はありませんでしたが、



カメラに残っている写真を貼り付けます。



アメリカ獣医学会と協同で開催された学会。
e0101819_6115117.jpg



e0101819_6122725.jpg



ポスター発表の様子。
e0101819_613043.jpg



シカゴダウンタウン。
e0101819_6133860.jpg



お昼に食べたパッタイ。
e0101819_6141610.jpg



ホテルの窓辺からミシガン湖が見えました。
e0101819_6143218.jpg



留守番でブルーなネコ。
e0101819_6144521.jpg

by nekoyama88 | 2013-08-05 06:06 | おでかけ | Comments(2)

お疲れ飼い主

只今ちーこの飼い主、お疲れモード全開です。



出るのは溜息ばかり。



コーヒーの飲みすぎでお肌が荒れてきたので、



昨日はダウンタウンの本屋に併設されたカフェで



ホットチョコレートなるものを注文しました(2.5ドル)。



ほっそりした色白の優しげなオネーさんが作ってくれました。



甘くておいしかったです。
e0101819_9584537.jpg



ダウンタウン付近の木。
e0101819_9564195.jpg



e0101819_9573785.jpg

by nekoyama88 | 2013-04-24 09:50 | おでかけ | Comments(0)

スプリングブレイク

日本からカンザスに戻るやいなや、


スプリングブレイクが始まり、


例により、元クラスメートの若い中国人と韓国人のおねーちゃんたちが、



集まる日を設定してくれました。



本日は、韓国人のおねーさんのおうちにて。



フィッシュケーキスープ、キムチお好み焼き、甘辛トッポキ。
e0101819_836150.jpg



黒ゴマ餡の入ったパイ、ヨモギ団子、みたらし団子、チョコキャラメルクッキー。
e0101819_839294.jpg



今日の午後辺りから、ようやく元気になって来た私ですが、ここ2週間程時差ボケと新しいことへの対応、用事の嵐で、沈没したまま全く回復しませんでした。この日も、会うなり「めっちゃ疲れてるやん」と言われてしまいました。体力をつけなければと思う今日この頃です。
by nekoyama88 | 2013-03-25 08:36 | おでかけ | Comments(0)

女子バスケ観戦

2月初めに、女子バスケットボールのフリーチケットを入手したので、


見に行って来ました(カンザス大学 VS ウェストバージニア大学)。
e0101819_8212047.jpg



e0101819_8261789.jpg



見ていて怖かった応援団・チアリーダーの演技。
e0101819_8265057.jpg



最前列のリポーター(Foxテレビの人らしいです)の真後ろに座ってました。
e0101819_8282348.jpg



ちょっぴり画面に映りこんでます。
e0101819_829351.jpg



前半は互角だったのに、負けました(ホームなのに…涙)。



うちの学校のマスコット。
e0101819_8313922.jpg

by nekoyama88 | 2013-03-25 08:21 | おでかけ | Comments(4)

日本でみた面白い看板

タイトルのまんまですが、


気に入った看板を思うままに撮ったモノです。

トーキョー編。

e0101819_89994.jpg
e0101819_893558.jpg

e0101819_8104454.jpg

e0101819_8111189.jpg



オーサカ編。
e0101819_812230.jpg


e0101819_8135631.jpg


e0101819_8145430.jpg

e0101819_8151374.jpg


e0101819_8173286.jpg


やっぱり大阪は濃いですね。
by nekoyama88 | 2013-03-25 08:09 | おでかけ | Comments(2)

カンザスシティからLA

今回の日本への旅、いろいろと大変でした。


まず、格安航空券をIACEで購入したため、


アメリカ国内線(カンザスシティ-LA)とLA-羽田までの国際線が


連動しておらず、LAで荷物をいったん受け取って再度チェックインしなければなりませんでした。


行きはLAX空港で8時間の待ち時間、帰りは24時間以上あるためLAで1泊しました。
e0101819_533793.jpg

(ホテルから無料シャトルバスが空港に出ていて便利でした)

ホテル内のダイナーのハンバーガー、巨大。これが意外においしかったです(20分程待たされましたが)。
e0101819_555376.jpg



LAX空港内のデルタ航空の出発ロビー。
e0101819_57508.jpg


初めてみたアラスカ航空のマーク。
e0101819_584851.jpg


何度呼び出しても一向に来ない日本人乗客をファイナルコールするクルー(ディズニーランド観光の若い日本人客がやたら多かった)。
e0101819_5121074.jpg


2月25日に自宅を出発しましたが、


丁度スノーストームがカンザスを通過するらしく、


自分のフライトが飛ぶのかと数日前からずーっとハラハラしていました。


ストーム襲来が天気予報よりも遅かったので、私のフライトは30分遅れでしたが無事離陸しました。
LAにも予定通り着きました。



この路線は1日1便だそうで、LAX空港でモニターを随時チェックしていたら…
私が乗って来た便、カンザスには戻らないとのこと…
ということは、もしも予定を1日ずらしていたら、旅行の計画が全て狂い大変なことになるところでした。
e0101819_5161886.jpg



それにしても、カリフォルニアの空は青かった~
ホテルの周りはラテン系(メキシコ人?)が多かったです。


それから今回のデルタ航空の国際線サービスは最悪でした。
特に帰りの羽田空港でのチェックイン。
みんな重い荷物を持って長蛇の列を作って辛抱強く待っているのに、
エコノミークラスの窓口は2つのみ。
荷物の重量が超過していると言われ、超過料金を尋ねると「75ドル」と言われました。
貧乏人には高すぎるので、スーツケースから荷物を出すと言うと、
「長蛇の列なので、どこか違うところで出して、再度並んで下さい」と言われ、
開いた口が塞がらず…
おまけに、支払い窓口は別のところにあると言われ…
踏んだりけったりでした。
(地上スタッフは、にこやかに誠実に頑張っていましたが、杓子定規の対応には疲れました)


「アメリカの地上スタッフの方が、ケースバイケースで柔軟に対応してくれる。アメリカでは国内線と国際線は連絡していなかったけれど、チェックインカウンターの職員が気を利かせて、預け入れの荷物の料金は免除になった。同じ航空会社なのに、どうして国をまたぐとこんなに違うのですか?」と支払い窓口でぶーたれてみました。すると、酒井法子似のスタッフはニコニコしながら「日本の職員はルールを遵守して職務を全うしているのであって、アメリカの職員は(ルールを無視して勝手に)やっているのです」とのたまいました。「お客にとってはデルタ航空は一つの会社ですよ。一貫性をもった対応をしてください」と言ってその場を離れました(もちろん料金は取られました…涙)。



LAに向かう機内でも、クルーが隣の客の飲み残しの水(コーラ?)を回収する際に、私の膝にかけていたコートに液体をぶちまけたり(故意ではない)、トレーの回収時に顔面直撃を受けたり、着陸時に前席の客のシートは倒れたままだったりと、あまりにひどかったので、後日、カスタマーセンターに苦情メールを出しました。すると、4000ポイントがマイレージに加算されました。



デルタ航空、どーなってるんだー。
サービス改善に向けて、頑張ってください(涙)。
by nekoyama88 | 2013-03-22 05:00 | おでかけ | Comments(8)

アメリカコネチカット生まれの猫と日本で暮らす


by nekoyama88