<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Boston Legal Seafoods


先月の油田事故で、ひょっとしたらシーフードが高騰するかもしれないという懸念から、「今のうちに生牡蠣を食べよう!」ということになり、H家とボストンまで行ってきました。


ボストンシンフォニーホールの無料ツアーにも行きたかったので、Prudential Center 内のBoston Legal Seafoodsを選びました。

午後2時前に入店。店内はお客さんでいっぱいでした。店員もいっぱいいましたが、パンを持ってくるのを忘れたり、コーヒーだけ出して、デザートメニューをいつまでも持って来ないウェイターに当たってしまいました。まあ、食事はおいしかったので、よしとしましょう(→えらそう?)。


私たちが注文したのは…


東海岸産の生牡蠣。
e0101819_11314544.jpg

おいし~!
e0101819_11315537.jpg



クラムチャウダー。クリーミー!
e0101819_11344360.jpg


ハウスサラダ。ドレッシングがうまくからまってます。
e0101819_1135427.jpg


エビ、ホタテ、牡蠣のフライ盛り合わせ。外はさくさく、なかは柔らか。
e0101819_11353394.jpg


注文したモノが次々と運ばれ、「How is everything?」と聞かれることもなく、何だか日本みたいでした。


仕上げはボストンクリームパイ。
e0101819_11383159.jpg

プリンかティラミスかと思う位、なめらかで爽やかなお味でした。
コーヒーも濃く、デザートと合ってました。


すべておいしく頂きました!


昨年行ったのはPark Square店でしたが、個人的にはPrudential店の方が良かったです。
by nekoyama88 | 2010-05-31 11:43 | おでかけ | Comments(4)

メイワク




ちーこ「うちのカーチャン、最近ずっとウチニイルノ。ヒマなのか、やたらワタシにかまうの。ホラ、ヤッテキタワ。」
e0101819_9115925.jpg


ちーこ「チカスギルノデ、キョリヲトリマス。サイナラ~」
飼い主「ち、ちーこ!いかないで!(あれ、上から見てもお腹でてるゾ)」
e0101819_9124237.jpg


ちーこ「ソンナニワタシノコトガスキナノ?」
飼い主「ハイ、言うまでもなく」
e0101819_9134012.jpg


ちーこ「コマッチャウワ」
e0101819_914294.jpg


ちーこ「ZZZ…」
e0101819_9203356.jpg

by nekoyama88 | 2010-05-29 09:23 | ねこ | Comments(2)

イタリア vs オランダ

おいしいケーキとパンを求めて、「Eating CT」という番組で紹介されていたベーカリーを訪ねました。

1件目は、ハートフォードダウンタウンにある、イタリアンベーカリー。
mozzicato


店内はかなり広かったです。ケーキやパンの種類は多いけれど、どれも似たりよったりな印象です。ケーキの一つ一つはがっしりとしていて大きめです。
e0101819_8351299.jpg

お値段は手ごろ(2ドル/個)ですが、かなり甘いです。



2件目は、リッチフィールドにある、オランダ系ベーカリー。
Dutch Epicure Shop

H家によると、ここのお店はテレビ番組でも絶賛されていたそう。チーズやサラミ、パンも販売しています。


値段がはっきりと表示されています。
e0101819_848559.jpg


テキパキと働く店員さん(創業主の娘さん?)。
e0101819_8541233.jpg


私たちが購入したものは…
e0101819_8431732.jpg


炎天下の中、「大丈夫だろーか」と思いながら持ち帰ったのですが、これがとってもおいしかったのです!値段の割りに小ぶり(3ドル代/個)ですが、タルト台はサクサク、チョコレートコーティングはなめらかで、大満足でした。日本のケーキを彷彿とさせるお味でした。

3.5ドルで購入したパンも、超美味でした。薄くスライスしてもらったパンの香りは、日本の食パンのようで、トーストしなくてもペロッと食べてしまいました。


文句なくダッチベーカリーの勝利!


ちょっと遠いのが難点ですが、もう一度行ってみたいお店です。


ちーこ「ホンモノノネズミじゃナイ」
e0101819_93460.jpg

by nekoyama88 | 2010-05-29 09:04 | 食べ物 | Comments(2)

回復

ちーこ、動物病院から帰宅後、くしゃみをし始めました。


食欲はあるものの、いつもと比べると目に光がなく、寝ていることが多くなりました。


免疫が低下して、昔患った猫風邪のウィルスが神経内で動き出したのか…


このまま慢性化したらどうしよう…と不安は募るばかり。



「悪化するようであれば再び獣医さんへ」と思っていたら、だんだん元気になってきました。


2-3日前からは、遊びを催促する余裕が出てきました。


完治するまであと少し。


飼い主一安心です。



ちーこ「ゴシンパイヲ、オカケシマシタ。」
e0101819_2325846.jpg



ちーこの頭はどこに?
e0101819_2333335.jpg

by nekoyama88 | 2010-05-10 23:10 | ねこ | Comments(8)

検疫準備

日本帰国に向けて、検疫のための準備を少しずつ進めています。

今回の課題は狂犬病抗体値の検査。

この検査、実は3年前に終了しています。しかし、有効期限が2年のため、再検査しなければなりません。


手順は…動物病院へ行く→血液の採取→血清を分離→保冷剤と共に飼い主がカンザス大学へ輸送の手続き→結果通知(動物病院経由)となります。


以前は、ちーこの血清を動物病院からカンザス大学へ輸送してもらえたので、私は何もする必要がありませんでした。しかし、今回は輸送手続きは自分でしなければなりません。液体、しかも動物の体から出たものを送るに辺り、いろいろな輸送制限があるようで、飼い主、随分と緊張しました。


ちーこの血清。
e0101819_1175585.jpg

ブツとちーこ。
e0101819_1181098.jpg


これをペーパータオルで包み、保冷剤(ともさんありがとう!)を入れ、ビニール袋に梱包。再びペーパータオルで包み、別のビニール袋に入れ、ペットボトル保冷剤(動物病院がくれた)を入れ、緩衝材でくるんで、ダンボール箱に梱包。必要書類も入れました。その後、急いでFedexへ向かいます。
e0101819_1321322.jpg


Fedexでは「危険なモノが入っているか?」と聞かれ、「No」と答えました。
詳しく聞かれたら、何か答えようと思っていたのに、何も聞かれませんでした。飼い主、拍子抜けです。53ドルを支払って終わり。Fedex曰く、翌日の午前中に届くとのこと(→「保証します!」と言われた)。でも全く信用していない飼い主。一晩中心配しとりました。その後、予定通り到着したのを確認し、一息つきました。後は結果を待つのみです。


ほぼ1年ぶりの病院で、鎮静剤を打たれ、予防注射をされ、アレルギー対策のステロイドを打たれ、血を抜かれたちーこ。帰宅後はハイパーだったのに、その後、あまり元気がありません(ごはんはしっかり食べてます。排泄も順調)。

昨日からは、くしゃみが始まりました。ビタミンCの粉末を少量ウェットフードに混ぜてみたら、食べてくれました。血液検査や問診では全く異常がなかったちーこ。早く良くなってほしいです。
e0101819_134193.jpg


ちーこ「ダルインダワ」
e0101819_1342934.jpg

by nekoyama88 | 2010-05-03 01:46 | ねこ | Comments(8)

アメリカコネチカット生まれの猫と日本で暮らす


by nekoyama88