ちーこの毛並み

年末にちーこと私を訪問してくれた、高校時代の友人がちーこをステキなカメラで激写してくれました。作品はコチラ。

ちーこ「フガフガ~、ウットリ...(ちーこのよだれのにおいしかしないはずなんですケド...)。」
e0101819_1261722.jpg


ちーこ「のらくろはワタシの家来でしゅよ」
e0101819_11584883.jpg


ちーこ「ポーズ決めてみましたニャ。これでいいでしゅか?」
e0101819_11591892.jpg


ちーこ「何か面白いことニャイかな~」
e0101819_11594531.jpg


ちーこ「物憂げなひょーじょーもデキマスヨ」
e0101819_1202267.jpg


ちーこ「ウザイ」
e0101819_1223334.jpg


ちーこの毛並みを写してもらえて、大満足です。きれいに撮ってくれてありがとう~。
# by nekoyama88 | 2007-01-10 12:12 | ねこ | Comments(8)

たぬき?アメショー?

ここコネチカットで、日本人の友人が、アメリカ人とブルガリア人と家をシェアして、住んでいます。彼女の住んでいる地域は、閑静な住宅街で、私が住んでいる所とは、ちょっと違う雰囲気。白人の占める割合が多いかもしれません。

で、ハウスメイトのアメリカ人が猫を2匹飼っているそうです。こちらが、その猫たち。
e0101819_1132890.jpg

手前が、「ブーツ」という名の男の子。後ろが「プスキー」と名づけられた女の子。兄妹(姉弟??)らしい。クリスマス休暇に、飼い主は、コネチカットからペンシルベニアまで、この2匹を車で連れて帰ったそうです。

お正月明けに、会いにいくと、「プスキー」の方が大きくなってました。特におなかまわり。見よ、このタルタル具合を!(笑)。
e0101819_11464870.jpg


「ブーツ」の方が、人懐こいらしいです。気もやさしいとのこと。
e0101819_1136379.jpg

ところで、右側のしっぽ、見えますか?「プスキー」がごはんを食べ終わるまで、「ブーツ」は待っているんですって。やっぱり、「ブーツ」は弟かも...

本題は、ここから。この飼い主、日本人の友人にこう言ったそうです。「ブーツは、ネコとタヌキのあいの子(表現が古くてスミマセン)で、両方とも、アメリカンショートヘアーの血を受け継いでいる。」と...

グリーンチムニーズ(動物を子どもの発達のために治療に介在させるニューヨーク州の入所施設)のスタッフ(アニマルサイエンス専攻)に問い合わせたところ、「ネコとタヌキの交配は考えられない。その前に、ケンカになると思う。山猫との掛け合わせなら、可能性はあるけど...」とのことでした。

アメリカンショートヘアーに関しては...どうなんでしょう?現在の模様はキジネコにしか見えないのですが...うずまき、ないしねえ。あるいは、こんな模様もあるのでしょうか?子どもの頃の写真は、それらしく見えないこともなかったケド...成長すると、模様が変わるってあるんでしょうか?どちらかというと、特に「ブーツ」はノルウェージャンの血が混じっているように見えるのですが...ねえ、Sheenさん(彼女のブログはこちらー>http://midnight-sun.a-thera.jp/)!

誰か、知ってる人、教えてください~。
# by nekoyama88 | 2007-01-10 11:51 | ねこ | Comments(2)

ちーこのお正月

ちーこ、食っちゃ寝していたので、ぽっちゃりしちゃいました。
e0101819_481274.jpg

何を食べたかというと...ちーこ「きゃー、照れる~。」
e0101819_484669.jpg

えー、これです。
e0101819_492732.jpg

練り物が好きな私の、おこぼれ。ピンクのかまぼこのおすそ分け。
朝起きたら、このかまぼこ板、キッチンからリビングに移動してました(笑)。

さー、今からダイエットしましょう!
# by nekoyama88 | 2007-01-08 04:13 | ねこ | Comments(6)

ニューヨーク

これまた年末に、バスに乗ってニューヨークまで行ってきました。片道3時間。長かったです。久しぶりに歩いたら、帰りのバスの中で、足がつりました(笑)。

今回の目的は、半年ぶりに髪を切ること。ニューヨークに関するウェブ掲示板で、日本人がいるヘアサロン「ARTE」を発見。2週間、どうしようか迷った末、行くことに決めました。場所はNOHO。Miyukiさんが担当してくれました。アメリカ人のスタッフの中で働いておられました。ゆっくり話をきいて、納得がいくようにカットしてもらえたので、気持ちも軽くなりました。代金は70ドル+チップ。日本円で1万円近い出費は、私にとっては痛かったけど、ほぼ思い通りに切ってもらえたので、満足です。ハートフォードにも、日本人のヘアスタイリストがいればいいのに...(泣)。

予約は午後12時半だったので、午前中、ミッドタウンをぶらぶらしました。

クライスラービル再び。
e0101819_10153815.jpg

グランドセントラル駅正面。
e0101819_10161994.jpg

高層住宅に埋もれるように建っていた古い教会。
e0101819_1016494.jpg

国連本部外観。
e0101819_10173397.jpg

観光客がこんな風に写真を撮ってました。
e0101819_1018756.jpg

国連本部内にあるおおみやげやさん。世界各国の人形、陶器、キルト等が並んでいました。
このハンモックにのっているおじさん、気持ちよさそう...
e0101819_10185383.jpg

なんで、この人形はボトルに入っているのか...謎でした。
e0101819_10204267.jpg


ニューヨークパブリックライブラリー。全米第2の規模を誇る、リサーチを目的とした図書館(「地球の歩き方」より)だそうです。絵本展が開催されていたらしい。素通りしちゃった!
e0101819_10212764.jpg

Bryant Parkのクリスマスツリー。チョコレート、アクセサリー、フレグランスなどを扱うかわいいお店が並んでいました。時間があれば、ぶらぶらしたかったのですが、写真を1枚撮っておわり。
e0101819_10292554.jpg


髪を切った後、「蕎麦屋」というそば屋で野菜入りそば(小さなイナリずし付)を食べました。人気のお店のようで、2時過ぎでもいっぱいでした。結構なお値段(チップ込みで14ドル位)でしたが、真っ黒なつゆは私好みではありませんでした。
その後、時計をにらみながら、日本食スーパーへ直行し、お正月用のお餅などを買い、ダッシュでバスターミナルに駆け込みました。最後の1席を奪取!

ちーこ、半日のお留守番ごくろうさま!会いたかったよ~。
# by nekoyama88 | 2007-01-06 10:50 | おでかけ | Comments(8)

New Haven へ ドライブ

12月31日に、コネチカット州の学園都市New Haven(ニューヘイブン)まで、遊びにいって来ました。空が抜けるように青く、すばらしいお天気でした。でもちょっと寒かった!私の住むHatrford(ハートフォード)からは車で1時間位。休日なので、路上パーキングは無料。中心部から少し外れたところに駐車して、ゆっくりと町を散策しました(ホームレスのおじさんがたむろする公園を横切ったときは、ちょっとこわかったです)。

New Havenは、Yale(イェール)大学のおひざ元。人はそんなに多くありませんでしたが、行き交う人は大学関係者が多かったかもしれません。高齢者のカップルも多かったです。
Chapel St.に面したYale Repertory Theatre. 
e0101819_739350.jpg

こちらもChapel St.に面したOld Campusの一角。時計の針は不正確でしたが、何とも趣のある風情でした。
e0101819_7392423.jpg

私たちが訪れたのは、Yale Center for British Artという美術館(入場料無料)。18世紀から19世紀の上流家族の肖像画、風景画、楽器などが展示されていました。旧友はピアノの達人。数々の昔の楽器の展示は興味深かったようです。私は、当時の家具調のコンパクトなピアノや凝ったグランドピアノに見入ってしまいました。何だか、イギリスにいるような気分になりました。なぜ、この辺りが「ニューイングランド」と呼ばれるのかわかるような気がしました。

さて、お昼。さまざまな国から学生が来ているせいか、アジア系のレストランの多いこと。で、まよった挙句、Indonesian Restaurantに入りました。
私が注文したのは、Pat Thai(これって、インドネシアの料理???)。平らな麺に甘辛いソースがからめてある料理。濃厚なソースだったけど、おいしかった(でも、あまりに濃すぎて完食できず)!
e0101819_7502083.jpg

友人のプレートは、ソフトシェルクラブのカレー。蟹がやわらかくっておいしかったそうです。
e0101819_7515239.jpg


ベジタリアンのカフェでお茶しました。
内装はこんな感じ(人目を気にして写したら、こんなのしか撮れなかった...)。
e0101819_7524922.jpg


アメリカチックなケーキを発見!
e0101819_7535258.jpg


満足して帰宅しました。
# by nekoyama88 | 2007-01-04 08:06 | おでかけ | Comments(5)

おめでとうございます。

年末年始は日本に帰らずに、コネチカットで過ごしました。高校の同級生(カナダ在住)が、遊びに来てくれました。3年ぶりの再会です。

ちーこは、彼女を見た途端、好きになったようです。おなかを見せて、自分から近づいていきました。彼女が滞在中もリラックスして、いつもと変わらない行動をとっていました。違っていたのは、二人を同時に見ることができる位置に陣取り、両方を監督していたこと。

いっぱい遊んでもらって、いっぱい食べて、満足気なちーこでした(写真なし)。

一方で、今回は、初めて「なんちゃって」おせち料理に挑戦。
e0101819_13405947.jpg

筑前煮、なます、かぼちゃの煮つけ、煮豆、かまぼこ、スモークサーモン等等。作ったのは最初の3品のみ。あとは適当に並べただけ。スモークサーモンはトロントからのおみやげ。イカのフライとフライドチキンは、昨夜のイタリアンレストランの前菜(あまりに量が多かったので、持ち帰りました...アメリカではありがちなパターン)。前々日から準備した煮豚とゆであずきは、冷蔵庫にいれずに放置しておいたら、腐ってしまいました(涙)。
e0101819_13432047.jpg

こちらは、「なんちゃって」お雑煮。大根、にんじん、ごぼう、ねぎ、かまぼことお餅が入っています。

その後、きなこ餅やのりしょうゆ餅を食べて、またまたおなかいっぱい!
このところ、食欲不振だったけれど、「食神」と呼ばれている彼女のおかげで、おいしく楽しく食べることができました。忙しいのに、私のリクエストに応えてここまできてくれてありがとう!

最後になりましたが、このブログを訪問してくださっている皆様、昨年はいろいろとお世話になりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
# by nekoyama88 | 2007-01-03 13:59 | 祝日 | Comments(7)

クリスマス

12月23日に、日本人の同世代の友人と、こっそり忘年会をしました。メニューはミネストローネ、トマトとモッツァレラチーズのパスタ、ほうれんそうのキッシュ、ダッチアップルパイでした。おしゃべりに熱中して、写真を撮ることを忘れていました。かろうじて、キッシュのみ撮れました。
e0101819_917545.jpg

どれも、本格的なお味でした。作ってくれて、ありがとう~!

この忘年会のために、5年ぶりにホールタイプのスポンジケーキを焼きました。珍しく甘いイチゴも購入できたので(アメリカのイチゴは、見た目はすごくいいのに、やたらとすっぱくてかたいものが多いのです。)、頑張ってイチゴショートを作りました。私は一切れだけ食べて、残りは彼女に押し付けてきました。ごめんよ~。
e0101819_92262.jpg

お皿が白いので、境界線が見えない...

ここからは、12月25日のお話。私が通っている学校の日本人の教授のおうちで、クリスマスパーティーが催されました。私の母の世代の彼女、お料理上手なので、楽しみにしていました。まず、ウェルカムドリンクとしてのフルーツパンチ(パーティーの後半に撮ったため、残りわずかになってます)。
e0101819_9305945.jpg


これは、前菜。野菜盛り合わせ、ウィンナーの炒め物、シュリンプ、デビルエッグ(?)、パンのサワークリーム添え等など...
e0101819_9284645.jpg


メインのターキー。15パウンド。9人の胃袋におさまりました。まだ半分、残ってました。マッシュポテト、ブロッコリーとベーコンのサラダ、スタッフ、自家製のパン、ベークドスウィートポテトマシュマロのせ等など...
e0101819_9302669.jpg


お手製のパンプキンパイ、アップルタルト、レモンメレンゲパイも登場(写真なし)。美味でした。3日分位食べたような気分になって帰ってきました。あー、おなかいっぱい。

おまけ。ここのおうちのクリスマスツリー。
e0101819_9314074.jpg

アメリカ人の旦那さんが幼少時、使用されたチャーリーブラウンのお人形!
e0101819_9322452.jpg

e0101819_9361071.jpg


この方は少しご機嫌ななめ。お留守番が多くてごめんね。
e0101819_9375953.jpg

# by nekoyama88 | 2006-12-27 10:02 | 祝日 | Comments(8)

ねこ元気

飼い主、のどの痛みと咳で、よく眠れず。お茶を飲みに起き上がると、お付き合いよろしく、キッチンに先導するのは、このお方。
e0101819_12441363.jpg

でも、ちーこは元気でよかったです。今日も、ボストンテリアを振り回すおてんばさんでした。
# by nekoyama88 | 2006-12-20 12:50 | ねこ | Comments(6)

犯人発見!

遂に証拠写真を撮ることに成功しました!えー、例のチェストを壊した犯人は、やはりこの方でした...
e0101819_9422942.jpg

もう少し近づいてみましょう!
e0101819_9432893.jpg

まちがいありません。我が家の「ちーこ」です!何やら極悪顔です。
e0101819_9465784.jpg

ちーこ「だって、ヒマにゃんだモーン!」
# by nekoyama88 | 2006-12-17 09:48 | ねこ | Comments(2)

クリスマスプレゼント

母より、いろんなものが詰まった郵便が、送られてきました。ちーこは「におい」のチェックに余念がありません。...と思っていたら、またたびが入っていました。ネコの嗅覚、おそるべし!

ちーこには、またたび以外にも、ファンシーな柄のブランケットが送られてきました。いつもの場所に敷くと、しばらくは知らん顔をしていましたが、母からの電話と同時に、あれ...座ってます!
e0101819_9311310.jpg

カメラ目線でもう1枚!
e0101819_9313168.jpg


ちーこ「国際デンワの呼び出し音で、かーちゃんのかーちゃんからデンワってわかるでしゅよ。ちーこ、違いがワカルねこにゃのダ。で、かーちゃんにちーこ喜んでるって伝えてモライマシタ。次、期待しとこ、ウフ!」
# by nekoyama88 | 2006-12-17 09:37 | ねこ | Comments(0)

クラッカージャック

今年10月に、初めてボストンに行った時、フェンウェイパーク(Fenway Park)で野球を観戦しました。ボストン・レッドソックス(Boston Red Sox) 対 ボルチモア・オリオールズ(Baltimore Orioles) 戦でした。その時は、まだ松坂投手の入団交渉ははじまっていませんでした。だただた、私のアメリカ人の友人が、レッドソックスの大ファンだったので、球場に連れていってくれるよう、お願いしたのです。

ちなみにコネチカット州には、メジャーの球団はなく、街を歩いているとレッドソックス派とニューヨークヤンキース派にでくわします(着ているTシャツやかぶっている帽子を目安にしています。)コネチカットでは、この2球団のファン層は互角ですが、ボストンに近づくと「B」のマーク、ニューヨークに近づくと、「NY」のマークをキャップやTシャツに着けた人が、増えていきます。

ボストンで、「B」のキャップをかぶったおじさんに、見知らぬおじさんが話しかけているシーンに出くわしました。何でも、昨夜、デトロイトタイガーズがヤンキースを破ったらしく、もううれしくってたまらない!という感じでした。何だか、アンチ巨人の阪神ファンを見ているような気持ちになりました。

e0101819_7214865.jpg

私が野球観戦した日は、とっても寒い日でした(でも、最後まで見ましたよ~)。7回裏の攻撃の前に、お客さんたちは起立して、「Take me out to the ball game (私を野球に連れてって)」を歌っていました。全然知らなかったのですが、この曲のメロディーは、イチローが出演していたコーディアル証券のメロディーと一緒でした。

ちなみに歌詞、訳は以下の通りです(http://www.ntv.co.jp/mobi/members/nagano/20030925/)。

Take me out to the ball game,
Take me out with the crowd.
Buy me some peanuts and cracker jack,
I don't care if I never get back,
Let me root, root, root for the home team,
If they don't win it's a shame.
For it's one, two, three strikes, you're out,
At the old ball game.

訳:
私を野球に連れてって
球場の大観衆のもとへ
ピーナッツとクラッカージャックを買ってね もう家に帰れなくてもかまわない
ホームチームを思いっきり応援させて!
もしも勝てなきゃ残念だけど
ワン、ツー、スリーストライクでアウト!
それが野球なのよ

で、これがクラッカージャックです!
e0101819_713882.jpg

ポップコーンをキャラメルでコーティングしたスナックで、味は、東鳩キャラメルコーンに似ています。最初食べた時は、「甘すぎる!」と思いましたが、今はすっかり慣れてしまいました。近所のスーパーで売っているのを発見したので、時々購入しています。

...ということで、松坂投手、入団してくれるといいのにな...と思っている今日この頃です。
# by nekoyama88 | 2006-12-10 07:10 | Comments(4)

犯人は誰?

5ヶ月の時を費やした、すばらしいアートをごらんください。

e0101819_9425828.jpg


これは、ダンボールでできたチェストで、ネコ関連のグッズ(ブラシ、おもちゃ等)、ガムテープ、電球等を収納しています。私が料理をしていたり、勉強をしていると、誰かさんはこのチェストにかぶりついて、こまかいゴミを製造してくれます。注意引き行動なのかもしれません。というのも、留守番中は、この遊びをしないからです。

飼い主「犯人は誰ですか~?」
e0101819_9501356.jpg

ちーこ「ハンニンサン、でてきなしゃい...」

e0101819_1024446.jpg

ちーこ「ワタシをうたがってましゅね...」

飼い主「ていうか、私、目撃者なんですけど...」

e0101819_9593288.jpg

ちーこ「そんなことより、遊びましょ!羽根しゃん、こんなとこにいましゅよ!」

安物なので、いいんですけど...なかなか面白い趣味です。あ、私がもっと一緒に遊べばいいんですけどね...

ちーこ「そーでしゅよ。勉強するふりしてインターネットで遊んでたらだめでしゅよ。」
飼い主「おっしゃるとおりです...」
# by nekoyama88 | 2006-12-09 10:09 | ねこ | Comments(4)

おいでよ動物の森へ 2

それでは、「動物の森 2」、出発しま~す! 今回は白黒柄がメインです。


e0101819_1535173.jpg

2004年の夏は健在だった、高齢のヒツジ(♂)「トミー」ととロバ(♀)の「ジェニー」です(白黒柄ではありませんが...)。違う種類なのに、なぜか一緒に暮らしていました。学童が農場のツアーに来ると、「ヒツジのトミーが病気で生死のさかいをさまよった時、ロバのジェニーは励ましたんだって!こういうのを仲良しっていうんだよ。種を超えて仲良くするってすごいことだね~。」と話していました。今回の訪問時には、彼らの姿はありませんでした。きっと、天国で仲良く暮らしているんでしょうね。


e0101819_155884.jpg

農場に入ると、放し飼いのニワトリ発見!黒い~。


e0101819_1552526.jpg

これ、何という種類なのかわからないのですが、珍しいニワトリのようです。どこが顔だかわかりますか?


e0101819_1554361.jpg

お次は、オスのピグミーゴート、「チョコレート」です。なぜか、彼は屋外でブタと一緒に暮らしています。他のヤギは全員メスなので、わざと隔離しているのかもしれません。このチョコレート、すばらしい角を所有していますが、性格はいたって温厚で愛嬌たっぷりの子です。近寄るとゴートチーズのにおいがしますよ~。チーズ好きの人、寄っといで~!


e0101819_156665.jpg

こちらは、ピグミーゴートの女の子です。チョコレートがお父さんだったと思います。2004年に生まれた4頭のうちの1頭で、こどもたちに大人気でした。とっても人懐こいヤギで、抱っこをするとよく髪をガシガシかまれました(泣)。


e0101819_1594592.jpg

2004年当時。ワラ、固形飼料、水の他に、塩のかたまりが各部屋に常備されています。その上にのって得意気なお嬢さん。ところで皆さん、写真の中の「チョコボール」、見えますか?ヤギやヒツジは、ブタのように寝床とトイレを分ける習性はどうやらないようです。とにかく、ところかまわず「チョコボール」が転がっているので、結局、部屋全体を掃除しなければならないのです...


e0101819_252047.jpg

2004年の生まれた当初はこんな感じで、お母さんにくっついていました。このお母さん、「リサ」というんですが、のんびりしたやさしいヤギでした。


e0101819_231116.jpg

ワイルドライフセンター(野鳥を中心に飼育している場所)をテリトリーとしているネコ、「サミー」。どうも案内しようとしてたみたいで、写真をとろうと思ったら、そそくさと走りさっていきました。おしりの柄、ユニークです。顔は、額に海苔をつけているように見えるので、私は「おにぎりくん」と呼んでいました。


白黒の動物を見るたびに、ちーこのことを思い出してしまいました。半日留守にしたので、友人に様子を見てもらいました。結果は、彼女がドアを開けるなり、ごろごろのどを鳴らして、大歓迎だったそうです。いつも通り、ごはんを催促し、あっというまに全部たいらげたとか...「そんな、一気に食べたら病気になるよ~」と言われても、聞く耳もたずだったとのこと。その後は、喜んで部屋中を走り回ったそうです。ちーこ、まったくいつも通り!でした。


e0101819_254683.jpg

夏に訪問すると、美しい羽根をたたえた「くじゃく」に会えます。この子たちも放し飼い。うわさによると、もともとはケージ内で飼育されていたけれど、ある日、突風でケージが壊れ、それ以来、敷地内で好き放題に暮らしているらしい。おおらかなお国柄です...
# by nekoyama88 | 2006-11-30 02:44 | 動物 | Comments(4)

おいでよ動物の森へ

ちーこ「みなしゃま、こニャにゃちワ。では、ワタクシがこれから、ニューヨーク州の実写版、動物の森 (グリーンチムニーズ)を紹介しましゅよ。ついてきてくだしゃい!」

e0101819_516137.jpg

ちーこ「はい、ではみなしゃん。クイズでしゅよ。これはだーれ?」

e0101819_5165690.jpg

ちーこ「そうでしゅ。これはブタしゃんですよ。2種類のブタしゃんです。えーと、黒ブタとポットベリーピッグだったかにゃ?忘れちゃった!えへ。白い方は、アリスっていうんだって。気の荒い子なんだって。ちーこのかーちゃん、ブヒブヒ言いながらブタしゃんと会話してたら、日本人の実習生に“おすもうさんみたい”って言われたんだって。おばかしゃん!」

e0101819_5171732.jpg

ちーこ「黒ブタのチューリップとエルビスでしゅよ。どっちがどっちかわからニャイ...ま、いいか。朝晩わらを支給されると、こーやって、自分でじょーずにベッドメイキングしましゅよ。ブタさんは、寝るところとトイレをちゃんと区別するんだって。とってもきれい好きにゃんだね~。」

e0101819_5181285.jpg

ちーこ「わらを収納する倉庫でしゅ。この中で、クロネコのシーバが時々、寝ているんだって。ちょっとシャイだけど、とっても人が好きなネコなんだって...今日はいないね~。」


e0101819_5175943.jpg

ちーこ「この手押し車(Wheel Barrow)で、スタッフのひとたちが、動物たちのところにわらを運ぶんだって~。けっこう重いらしいでしゅ。」


e0101819_5182962.jpg

ちーこ「おつぎは、アルパカとラマの登場でしゅ。手前のちっこいのが、アルパカのピーディくん、向こうのちょっと大きいのが、ラマのレーズンくんでしゅよ。何だか、親子か兄弟みたいでしゅね。ピーディは、やんちゃ坊主で、気に入らないことがあると、つばをめいっぱい溜めて、人間に吐きかけるんだって!わたちのかーちゃん、ここで働いた時、ペーッってひっかけられたらしいでしゅよ。あまりに見事なんで、笑いがとまらなかったんだって。でも、つば吐き行動は、アルパカの習性なんでしゅよ。レーズンは、繊細でこわがり屋さんなんでしゅ。風が吹いてもおどろくんだって。」


e0101819_518507.jpg

ちーこ「この日は、ピーディ、とってもいい子だったんだって。かーちゃんの頭の匂いをしばらくかいで、やさしいお顔で迎え~。レーズンは、向こうむいて、何してるのかにゃ?」

e0101819_5451158.jpg

ちーこ「この子は、女の子のラマしゃん。この夏にペットとして飼われていたところを、譲り受けたんだって。おとなりにちょこっと写っているのが、旦那しゃんのラマらしいでしゅよ。実は、このカップルはかかあ天下らしいでしゅ。ところで、かかあ天下ってにゃんですか?」

e0101819_5495820.jpg

ちーこ「はー、ちゅかれましたよ。次は、おかーちゃんが説明するばんでしゅ。」

先日、ニューヨーク州ブリュースターにある「グリーンチムニーズ(Green Chimneys)」を訪問しました。この施設は、1947年以来、Farm Animals(ブタ、山羊、羊、ウシ、ニワトリ、ウサギ、等)との交流を通して、情緒及び行動上の問題をもった子どもたちの成長を助けるサービスを提供して
います(www.greenchimneys.org/indexl.html)。日本でもテレビや雑誌などで紹介されているので、ご存知の方もおられるかもしれません。

私は、2004年6月から8月末まで、実習生としてここで働きました。担当の子どもたちと、1対1で、動物たちにえさを与え、小屋の掃除をし、散歩させることが主な仕事でした。夏休みだったので、地元の子どもたちが見学に来ることも多く、その時は農場内の案内もしました。とにかく、1日中忙しかったというのが、今でも印象に残っています。でも、世界各国(日本3人、ドイツ1人、イスラエル1人、カナダ1人、アメリカ2人)からきた実習生と生活し、働けたことは私の財産かもしれません。

今回は、「子どものための乗馬プログラム」を見学するつもりで訪問しましたが、祝日直前のため、子どもたちは皆、実家に帰ってしまい、キャンセルとなりました。残念!でも、また次の機会をねらいます。

ちーこ「まだ、つづきがあるんだけど、今日はこれでおしまいでしゅ。また明日!ばいばい~」
e0101819_6121813.jpg

ちーこ「今日も元気ダ、ごはんがオイシー!」
# by nekoyama88 | 2006-11-25 06:13 | 動物 | Comments(2)

かぶりもの


e0101819_2115623.jpg

ちーこ「ごはん、まだかニャ~?」
飼い主「さっき食べたやん!」



e0101819_2133498.jpg

ちーこ「ばれたにゃ!」

*同じ日に撮った写真なのに、何でこんなにちがうの~???ネコかぶってる?
# by nekoyama88 | 2006-11-21 02:14 | ねこ | Comments(3)

ダイエットしなくちゃ


2005年8月末のちーこ(うちに来て2週間後)
e0101819_5131261.jpg



2005年10月頃のちーこ
e0101819_5142569.jpg



2006年11月中旬(おととい)のちーこ
e0101819_5145545.jpg


向いている方向が違いますが、あきらかに首周り、おなか周りがふっくらしています...

飼い主、家にいることが多いので、ついついじっと見つめられるとごはんをあげてしまいます。獣医さんにも「これ以上、体重を増やしてはいけない」といわれているので、ダイエットを敢行しなくては!

2006年11月中旬(おととい)のちーこ
e0101819_5234595.jpg

上から見ると、やせてみえるのに...
# by nekoyama88 | 2006-11-20 05:15 | ねこ | Comments(3)

チャーリー&TC

7ヶ月ぶりに、友人のキャットシッターを引き受けました。アメリカ版「チャーリーと黒豆くんです。(「黒豆ころりん」はこちら→http://blog.livedoor.jp/hanpen_/)

まずは、チャーリーから。飼い主がいないと、かなりシャイになるチャーリー。なかなか、こっちを向いてくれません...
e0101819_111672.jpg

はずかしいニャ。


e0101819_11165361.jpg

お、いまのうちに、日光浴しとこ。


e0101819_11171721.jpg

にゃにか用?


それでも、今回は、けっこう「すりすり」しに来てくれてうれしかったです。イヒヒ。日本のチャーリーくんより、大型かもしれません。



次は、TC (=Tom Cat の略)。

e0101819_11183386.jpg

あ、おにいちゃん、エエな。ぼくも、そこすわりたい。


e0101819_1119631.jpg

ニャにか、おもしろいもの、落ちてないかニャ?


e0101819_11193584.jpg

お、ペン発見?


e0101819_11195748.jpg

おっきな迷子札をちりんちりんと鳴らしながら、「あそんでえ~」と足にまとわりつく姿、可愛かったです。日本の黒豆くんのようにお茶目な印象です。足がほっそりしていて、これがまたかわいい!


最後は、お食事シーン。めったに食べないウェットフードを試食中...
e0101819_11214172.jpg

おお、これ、いけるニャ!

e0101819_11215570.jpg

ちーこのお気に入り「Max Cat California Chicken」 と 「Fancy Feast Beef」を試食中。おいしかったようで、次の日、チャーリーくんに催促されました。

チャーリーくん、飼い主の留守が続くとストレスなのか、はたまた退屈なのか、あちこちの引き出しを開ける荒技の持ち主です。今回は、冷蔵庫の上の棚、シンク下のドア、タンスのいちばん下の引き出しが開けられていました(すごすぎて、見せられません...)。

過去には、フリーザーを全開にし、中の食品をだめにした経歴ありです。おそるべしチャーリーくん!飼い主曰く、最近はTCとチームでお仕事するそうです。そういえば、タンス、定位置よりこころなしか前にでていたような...きゃー。
# by nekoyama88 | 2006-11-17 11:36 | ねこ | Comments(0)

喝!

最近ぐったりしている私に、ちーこが喝をいれてくれました。

e0101819_11435440.jpg

うりゃー!!ぴしっとせんかい!


e0101819_11445486.jpg

これで、いかがでしゅか?

あ、はい...ありがとう、ちーこ...
# by nekoyama88 | 2006-11-14 11:48 | ねこ | Comments(4)

ベテランの日

今日、11月11日は
Veterans' Day (復員軍人の日)
第一次大戦の終戦記念日(en.wikipedia.org/wiki/Veterans_Day)らしい。1978年以来、アメリカでは国の休日になっているそうです。初めて聞いた時は、何のことだかわからず、「何のベテラン?」と思ってしまいました。


で、私にとっては、いつもとほとんど変わらない土曜日でした。目に付いたのは、近所のグロッサリーで色とりどりの風船が飾られていたくらいです。ただ、こういう休日にはセールが催されるので、ショッピングモールはにぎわっているはず。


e0101819_8215953.jpg

ウェストファームズモールの内部。もうクリスマス仕様!

e0101819_8222359.jpg

雪がモチーフ?私には、砂糖がかかったお菓子にしか見えない...

家にいても全然勉強に集中できないので、スターバックスに行ってテキストを読むことに決めました。でも、お目当てのソファは子ども連れの家族でうまっているし、目の前にすわった2組のカップルは、「アメリカ軍がどうの、ロシア軍がどうの、日本は...」と何やらきなくさい話を大きな声でまくしたてていました。ううう、ここでも集中できない...

今までなら、多少うるさい場所でも勉強することができたのに、今日は全くだめ。20分ももちませんでした。がっかり。最近、学校のことでばたばたし、すっかり風邪を引いてしまったことも原因かもしれません。首は回らないし、のどは乾くし、発熱するし、ぐったりしています。早くなおさなくっちゃ!

ちーこは元気です。つかずはなれずの距離で、私の近くにいます。
e0101819_8295415.jpg

   ダイジョウブ?
# by nekoyama88 | 2006-11-11 06:02 | 祝日 | Comments(2)
もう記憶はさだかではないのですが、私のハンドルネーム「ねこやま」について書いてみようと思います。

1999年もしくは2000年、私がまだ日本で仕事をしていた時、「金曜テレビの星」という番組が放映されていました。その中で、年2回もしくはシーズンが変わるごとに、動物病院の特集が組まれていました。確か、この番組は、最先端の動物病院の様子、真摯に動物とその飼い主に関わる獣医師の姿、動物と人との絆等を紹介していたと記憶しています。

さまざまな事実にもとづいたストーリーの中で、私の心を捉えたのが、「ねこやま」の存在でした。白地に茶色のぶちがある毛皮をまとった、このおじさんネコは、銭湯を営むおばあさんのお隣に住んでいました。彼にとっての日課は、銭湯のおばあさんの飼っている犬を訪問すること。この犬(柴犬だったかな?)、かなりの高齢で、ほとんど寝たきりなのですが、点滴等を施してもらうため、おばあさんが乳母車に乗せて毎日病院通いしていました。

一方で、「ねこやま」は毎日毎日決まった時間に、おばあさんのお部屋に上がりこみます。おばあさんの愛犬とつかずはなれずの距離(定位置)で、姿勢を正して、でも表情は変えずに、じっとワンコさんを見守っているのです。

しばらくして、このワンコさん、天国に召されてしまいました。おばあさんの悲しみは深く、なぐさめようがありません。けれど、おばあさんは少しずつ元気を取り戻しました。その理由の一つは、「ねこやま」が、ワンコさんの死後も黙々と、毎日毎日おばあさんの部屋を訪問したからです。物語の最後には、銭湯の番台に鎮座し、招き猫となって(生きてます!)おばあさんを見守る「ねこやま」の姿がクローズアップされました。

このストーリーに出会った時、私は涙ぐんでしまいました。だって、「ねこやま」おじさん、すごいんですもの。何があっても、一貫した行動を取り続け、見返りを求めない姿に、魅せられてしまいました。この「ねこやま」おじさんを見て、改めて感じたのは、「人の心を動かすのは、美辞麗句ではなく、一貫した行動なのだ」ということです。簡単にできそうで、実はとてもむずかしいことをやってのける「ねこやま」おじさんをはじめ、動物って、本当にすごいなと感心したものです。

それ以来、「ねこやま」は私のハンドルネームとなって、私を励ましてくれています。

でも、ひょっとしたら、テレビ局は適当に映像を切り貼りして、感動物語を作り上げたのかもしれません。また、「ねこやま」おじさんも、おばあさんがくれるおやつに心惹かれて、訪問していただけかもしれませんが...

時々、無性にこの「ねこやま」おじさんに会いたくなり、ネットで検索をかけるのですが、まったく彼の情報にたどりつくことができません。このブログを訪問してくださったみなさま、もし何か情報をお持ちでしたら是非教えてください。


e0101819_9143278.jpg


          ねこやましゃん、でてきなしゃい。
# by nekoyama88 | 2006-11-08 09:13 | ねこ | Comments(2)

ニューヨーク (追記あり)

10月末に用事でニューヨークまで行ってきました。ハートフォードのダウンタウン(スケートアメリカが開催された場所:家からバスで10分)から、バスに乗って片道3時間。思ったより遠かったです。こちらはハイウェイに入ると、だいたい時速70マイル(113キロ)で走ります。バスの運転手も同じくらいかこれよりも若干早いスピードで走ります。


で、まずは、用事。大学院の論文指導者の一人に会うことが今回の目的。この方は、ハンターカレッジの教授なので、彼の研究室におじゃましました。おおお、この大学、本当にニューヨークシティのど真ん中にある!都会だ!うちの大学と大違い!ということで、久しぶりに都会の空気に触れ、早くも興奮状態。

e0101819_3185657.jpg


スパイダーマン、発見?!この大学の学生かも。
e0101819_3204778.jpg


1時間程で用事を済ませ、後はマンハッタンを闊歩する計画。それにしても、この先生、早口だった(写真なし)。ニューヨーカーの特徴かもしれません。


地下鉄に乗って、グランドセントラル駅に向かうはずだったけれど、入り口がみつからず、結局地図を頼りに歩くことに決めました。皆、歩くの早い~。姿勢がとってもいい!ビジネスマンがいっぱい!犬を散歩させている人もちらほら。

ピンクの椅子を使ったレストラン。午前11時頃。
e0101819_3211632.jpg



アップタウンからグランドセントラルに向かう途中、クライスラービルを見つけました。ずーっと向こうにちょっとだけ写ってます(見えるかしら?)。
e0101819_3214234.jpg

お昼時はどこもいっぱいで、すわってコーヒーを飲む場所を探すのも難しいくらいでした。久しぶりに日本の混雑を思い出しましたが、とっても刺激的な一日でした。



e0101819_3344743.jpg

おそかったニャン。おみやげは?
注:本当は、ちーこは、とってもお利口さんでお留守番してました。

(追記)
滞在時間わずか6時間の短い旅でした。あまりに興奮していて、空腹も忘れてただただ街中をぐるぐる歩き回っていたような...なので、観光名所の写真はないのです。念願のBook Offの支店をようやく見つけて、中古の平井賢のCDを買って帰りました。あと、日本食も。完全におのぼりさん状態の1日でした。
# by nekoyama88 | 2006-11-06 03:37 | Comments(8)

何してるの?

今日は、めずらしく、ぬいぐるみのボストンテリアと仲良く(?)並ぶ姿を撮ることができました。首根っこをくわえて歩くので、糸がほつれています...

e0101819_1353588.jpg

あちょんでないで、しっかり勉強しなちゃい。わたしたちが(部屋の?)監督をしてあげます!


e0101819_1361125.jpg

      天井、異常な~し。


e0101819_136292.jpg

      床もだいじょうぶ! 


e0101819_13135761.jpg

      学校にいくにょ?わたちもいきます!おいてかないでネ。
# by nekoyama88 | 2006-11-04 13:20 | ねこ | Comments(2)

りりたんへ

黒豆ママさんちの大女優「りりたん」へ

怖い顔対決よろしくお願いします!我が家のちーこの不細工顔撮れました!


e0101819_1031552.jpg



   こんなんでいかがでしょう??? 
   
   怖い顔というより、「アホ顔」という感じですよね...私も新しいデジカメほしい...


e0101819_11215191.jpg


   三頭身対決なら...いい勝負かしら???
# by nekoyama88 | 2006-11-03 10:36 | ねこ | Comments(5)

ちーこほぼ全快

6月にゆりを誤飲して以来、ちーこの腎臓がどれくらい回復するのか、ずっと気になりながら生活してきました。誤飲後24時間以上たってから数日入院し、2日後の血液検査の結果は、間違いなくちーこの腎臓自体が障害されたことを示していました(Cre=2.5)。

獣医師に指示されたとおり、水のみ場を増やし、ウェットフード中心の食事に切り替えました。退院後数日は、おとなしかったものの、その後は良く食べ、よく寝て、よく遊びます。はたから見ていても、良くなっていることを感じさせました。

で、4ヶ月後の結果は、獣医師曰く、
Her kidney value is perfectly normal!
おそらく大丈夫とは思っていましたが、それでもやっぱりほっとしました (Bun=30, Cre=1.3)。ただ、カリウム(=3.2)の値がかなり低いとのことで、サプリメントを処方されました(ウェットフードに混ぜたら、砂をかけるまねをされました!)。検査当時、ちーこはかなりストレスを感じており、そのせいで血糖値もはねあがっていましたので、ひょっとしたらそのせいでカリウム値が下がってしまったのかもしれません。

日本の一級愛玩動物飼養管理士さんに相談したところ、
BUNもCre.も尿比重も正常、その他のデータも良好ですから、おそらく腎臓の障害に影響された低カリウムの可能性は、有り得るけれど低い、という気がします。
とご回答頂き、ひとまず胸をなでおろしているところです。


獣医さんに行くことを薦めて下さった黒豆ママさま、りぷりぷさまをはじめ、心配していただいた皆さま、本当にありがとうございました。ちーこ、とっても元気です。重ね重ね本当にありがとうございました。これからもよろしくおねがいします。


e0101819_2582166.jpg
                        わたちはげんき。ありがとーごじゃいました。
# by nekoyama88 | 2006-10-29 03:00 | ねこ | Comments(3)

元祖ちーこ

私の実家には、たくさんのねこがいます。実家は基本的に出入り自由なので(というか、必ずどこかが開いているので)、流れてきたねこたちが、ごはんと寝床を求めて入れ替わり立ち代わりやってきます。中には、ある程度まで育てて、「あとはお願いします」と言わんばかりに、子ねこだけを置いていく母ねこもいました。そのようなねこたちとある程度仲良しになってから、避妊または去勢を続けたおかげで、実家付近のねこはかなり減りました(そのおかげで、母は散財したらしい)。

現在の「ちーこ」の名前は、実家のねこ、元祖「ちーこ」から来ています。この元祖「ちーこ」はもう10歳は超えているにもかかわらず、とっても元気で賢いねこです。他のねこと交わるのが苦手のようで、ごはんを食べる時と、冬のとっても寒い時以外は、「ちーちゃん、外にいったらあかん。(他のどのねこよりも)前からいるんやから、大きな顔して家にいたらいいやん。」といくら引き止めても、隙をみてささーっと出て行きます。そのくせ、家人が外を歩いていると垣根から私たちを呼び、地面でころんころんする面白いねこです。ひそかに「ドラミちゃん」と呼んでいました。元祖「ちーこ」のお兄ちゃんは「じろう」という名前でしたが、「ドラえもん」、「ドラじろう」などと呼ばれていました。

元祖「ちーこ」とうちの「ちーこ」は見た目は全然違うのですが、independent(あまり馴れ馴れしく人に甘えてこない)なところとミルク好きなところは似ているかもしれません。うちの「ちーこ」は今年の夏、ゆりを食べて中毒に陥りましたが、おかげさまで回復しつつあります。元祖「ちーこ」のようにいつまでも元気で長生きしてほしいものです。
            
       (元祖ちーこ):ごはんたべにきただけなのに...つかまっちゃった!えへ。
e0101819_7454855.jpg
       

          (ちーこ):にゃによ。わたちたち、こわもてよ。うふ。
e0101819_739430.jpg

            
# by nekoyama88 | 2006-10-19 07:39 | ねこ | Comments(0)

紅葉

先週のウェストハートフォードの紅葉。学校の学生用の駐車場前で撮りました。昨夜の暴風と雨で、結構散ってしまいました。


e0101819_12263186.jpg


e0101819_3115597.jpg




e0101819_3145832.jpg

# by nekoyama88 | 2006-10-14 12:28 | Comments(0)
先日、ボストンまで出かけました。バスで往復4時間。思っていたより近くてびっくり。

ボストンは、日本で言えば京都のようなところ。建国の歴史にまつわる建造物が、たくさんあります。「フリーダムトレイル」という赤レンガの目印をたどると、それらをもれなく見学することができます。私が訪れた日は休日だったので、観光客があふれていてちょっと疲れました。


e0101819_350782.jpg

ボストンダックツアー:1時間半で市内の観光要所を巡回。このトラックで川も周遊。シンボルのアヒル見えるかな?


e0101819_356472.jpg

            ボストン市内のとあるお店。観光客がちらほら。




歴史的建造物の一つであるオールド ノース チャーチに併設されているギフトショップにて、「ボストンテリア」のぬいぐるみを発見!これが、なんと私のネコにそっくりで、思わず購入してしまいました。これ、犬なのですが(のらくろのモデルらしい)、ネコに見えないことはないのです。

早速、帰宅後、「ちーこ」に見せると、何と後ずさりするではないですか。今まで、私が所有するぬいぐるみ(サンディエゴ動物園で購入したシロクマ、誕生日に友人からもらった101匹ワンちゃん、NHKの子供向け番組のキャラクターのサボサボ と あなくま)には無反応だっただけに、びっくりしました。その後は、首根っこをくわえて振り回したり、ねこパンチをお見舞いしたりと、かなり気になる様子。そして、時々頭や足をなめる姿...自分の子どものように思ったのかもしれません。

...とこのような予想外の反応に、にんまりした飼い主でした。


e0101819_1273340.jpg
                 あんた だれ?











e0101819_128786.jpg
                 よしよし。なめなめ。










e0101819_1283492.jpg  
  
    キックキック!










e0101819_6443459.jpg 

                                       ふう。
# by nekoyama88 | 2006-10-13 10:45 | ねこ + アルファ | Comments(0)

はじめまして

e0101819_12472419.jpgはじめまして。「ねこやま」と申します。白黒はちわれネコの「ちーこ」とアメリカコネチカット州で暮らしています。このブログでは、「ちーこ」のことを中心に、日々のことを綴ります。
# by nekoyama88 | 2006-10-12 11:33 | Comments(0)

アメリカコネチカット生まれの猫と日本で暮らす


by nekoyama88