年末に、ごく親しい人に向けて、クリスマスカード兼ちーこ没を知らせるカードを発送しました。



最初は、喪中はがきを送るつもりでしたが、「猫の喪中?」といぶかる人もいるだろうと思うと気が引けました。



また、命が尽きるまで、キッとしているけれど健気で、どこか面白いちーこのイメージを、受け取る人に届けるために、



プロに、写真を元にイラストを描いてもらいました。



そのカードを、松山在住の際にお世話になっていたキャットシッターの「Kムラさん」にも送りました。



その後、Kムラさんからは、音沙汰がなく、「ひょっとしたら、迷惑だったかも…」と案じていたら、



1月の終わりに、その方からポストカードが届きました。
ペットシッター Kムラさんからのおたより_e0101819_22323244.jpg

私、これを見た時、泣いてしまいました...



イラストがちーこにソックリだっただけでなく、松山時代の楽しい思い出が、甦ったからです。



また、松山のペットシッターと東京のペットシッターを比べている自分に気づきました。



正直なところ、東京のシッターさんのことは、あまり好きになれず…(きちんとお世話してくれるちゃんとした人だったのに)



送られてくる東京でのちーこの写真は、どことなく表情が曇っていて、気持ちが顔ににじみ出ていると感じていました。



一方、松山のシッターさんは、小柄で優し気な若いおねーさんでした。



最初に顔合わせをした時から、「あ、ちーこの好みの人だ」という印象がありました。



その後、彼女には、3年間お世話になりました。



毎度、彼女から送られてくる写真とレポートの中の、ちーこの楽しそうなことと言ったら…



とある出張から帰って来た夜のことです。



ちーこが、私との間では、したことのない遊びに誘ってきたことがありました(梱包用のビニール紐での遊び)。



もしかしてと思い、シッターさんに伝えたら、案の定、彼女とその遊びに興じていたようです(笑)。



このように、ちーこは、非言語でシッターさんとの遊びを私に伝えたのでした(何かいけない遊びみたい?)。



そんなこんなで、東京のシッターさんとは、比較にならないほど、ちーこは彼女に愛着を感じ、楽しんでいることがわかりました。



それだけに、東京に引っ越してきたことを、申し訳なく思うことが時々ありました。



でも、まあ、ちーこがお気に入りのシッターさんに出会えたことだけでも良かったと、今は思っています。



また、彼女の文面に人柄が現れていて、このカードに心から癒されました。



せっかくなので、自分自身の思い出に、ここに残しておきます。



~Kムラさんからのおたより~

「とてもかわいいポストカードでのお手紙、ありがとうございます。

ちーこちゃんのお知らせに、とても驚いています。

ペットシッター中は、ちーこちゃんが私のことを覚えていてくれたのかなと感じて、

毎回のお出迎えを嬉しく楽しみに思いながら行かせてもらっていました。

自分の写真フォルダを見返してみると、頂いたポストカードに描かれてあるちーこちゃんだ!と思う画像がありました◇◇

このようなお手紙を頂けて、とてもうれしいです。

本当にありがとうございました。

ちーこちゃんにそっくりなポストカードを見つけることができたので、

このカードをお送りします。


お返事遅くなってしまって申し訳ないです。」


そうなんです。



クリスマスカードの元画像は、彼女がシッター中に撮影してくれたものだったんです。
ペットシッター Kムラさんからのおたより_e0101819_23143543.jpeg

このシッターさんの写真では、ちーこはカメラレンズの方をいつも見ていました。



私が撮影する時は、目を逸らしていたのに…



また、私にハガキを書いて下さる前に、自分の写真フォルダを見返して探して下さったことが、涙が出るほど、うれしかったです。




気持ちのこもった、でも大袈裟すぎず、やさしさを表現できる K村さん、本当にありがとうございました。




ちーこも、天国で喜んでいることでしょう。

クリスマスカード
ペットシッター Kムラさんからのおたより_e0101819_19521952.jpg


本日のちーこのお花とハンドメイドのぬいぐるみ(自由学園)

ペットシッター Kムラさんからのおたより_e0101819_23022398.jpg


本日のお花のアップ
ペットシッター Kムラさんからのおたより_e0101819_23020084.jpg

おしまい。




# by nekoyama88 | 2020-04-14 23:02 | ねこ

2020年1月16日に、隅田川沿いのアパートから、今のアパートに引っ越しました。


ほんの1キロメートル先です。


新居は、前のアパートよりも10㎡程狭くなりましたが、思いのほか生活動線が良く、また、コミュニティの環境も良いので気に入っています。


最寄りの駅からは少し遠くなりましたが…


引っ越しにあたり、何よりも残念だったのは、ちーこが残した壁の爪痕と「さよなら」しなければならなかったことです。


彼女があらゆる壁で爪とぎをしたおかげで、クロス張替え代金として、76,972円を別途支払いました。


ちーこ、最後までやってくれました。


大好きだわ、うちの娘(←親バカ)。


ということで、証拠写真です。

ちーこが残した爪痕(文字通り!)_e0101819_19480972.jpg
ちーこが残した爪痕(文字通り!)_e0101819_19492757.jpg
ちーこの顔の脂。
ちーこが残した爪痕(文字通り!)_e0101819_19513737.jpg
おほほ。
ちーこが残した爪痕(文字通り!)_e0101819_19521952.jpg
「なんちゃって」お正月飾り。
ちーこが残した爪痕(文字通り!)_e0101819_19531281.jpg


# by nekoyama88 | 2020-04-09 19:55 | ねこ

季節外れの雪

3月末に、季節外れの雪が降りました。

重い雪で、あっという間に溶けてしまいましたが…

非常事態が終息し、平和な皆が安心して暮らせる日が戻ってきますように。

季節外れの雪_e0101819_23130146.jpg
季節外れの雪_e0101819_23304142.jpg
季節外れの雪_e0101819_23141579.jpg

# by nekoyama88 | 2020-04-08 23:32 | 四季

お菓子の箱


先日退職した若いおねーさんに、お花を渡したら、


お返しにお菓子をもらいました。


期待していなかったので、びっくりしました。


彼女曰く、猫のイラストを見て、「買ってプレゼントしなくちゃ」と思ったそうです。


そんな風に思ってもらえるなんて、うれしかったです。

お菓子の箱_e0101819_23100230.jpg
お菓子の箱_e0101819_23091859.jpg




# by nekoyama88 | 2020-04-05 23:10 | ねこ
皆様、こんばんは。

巷はコロナ騒動で大変なことになっていますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。

私の方は、新学期が始まり、忙しくなるはずが、始業日が2週間程遅れています。

その後、変更の可能性もあり、何となくシャキッとしない日々です。

もう2か月近く前になってしまいましたが、ちーこが生きていれば15回目の誕生日のために買ったお花をアップします。


ちーこの誕生日(2月14日)_e0101819_18572293.jpg
ちーこの誕生日(2月14日)_e0101819_18581978.jpg

ちーこの誕生日(2月14日)_e0101819_18595877.jpg
作り置きのブーケでしたが、本当に可愛いかったです。

10日以上持ちました。

ちーこがいた時は、誤飲や誤食が怖くて飾れなかったけれど、

今は欠かさず季節のお花を楽しんでいます。

大変な時期ですが、皆様もどうぞご自愛下さい。




# by nekoyama88 | 2020-04-01 19:01 | ねこ

アメリカコネチカット生まれの猫と日本で暮らす


by nekoyama88