バルコニー越しの挨拶

昨夜からUSBにセーブしたファイルを全く開くことができなくなり、
パニックに陥っているちーこの飼い主。
オンラインで似たような症状と対策を検索したものの、
うまくいかず。途中で怖くなりやめました。

今日は国民の休日のため、学校はclosed。
なので学内のITセンターに助けを求めることもできず…
明日は午前8時から開いているようなので、一刻も早く行って
手を借りようと思っています。


いろいろと気にかかることがあるせいか、
熟睡できずだるーいと思いながら起きた今朝。
散乱している紙類をリビングのカーペット上にぺたんと座り、夢中になって整理していると、何やら可愛い声が聞こえるではないですか。ちーこの声なのですが、今まで聞いたことがない位のふわふわした女の子らしい声。彼女は確か、ベッドルームで外を眺めているはず。
鳥でも来たのかと思い、「どーしたん?」と様子を身にいくと本猫きょとーんとしています。


しばらく考えて、やっとわかりました。
ちーこはいつものように外を眺めていたら、視線の先にリビングにいる私が見えたので、
「カーチャン、カーチャン!」と呼びかけてくれていたのです。
リビングとベッドルームはバルコニーでつながっており、90度の角度なのでお互いを窓越しに見ることができるのです。ただ、今までそんなシチュエーションに陥ったことがなかったため、知らなかったのです。


あの可愛い声は、飼い主である自分に向けられたものだとわかった途端、じわじわとうれしさがこみ上げてきました。ちーこ、ありがとー。


ベッドルームから不思議そうにリビングにいる飼い主を見るちーこ。

バルコニー越しの挨拶_e0101819_802485.jpg



バルコニー越しの挨拶_e0101819_82228.jpg



バルコニー越しの挨拶_e0101819_825750.jpg

by nekoyama88 | 2012-07-05 07:53 | ねこ

アメリカコネチカット生まれの猫と日本で暮らす


by nekoyama88