真夏のカンザスでは「窓はあけない」が基本?

本日も40C超えのカンザスです。暑いです。
Whole Foodsの保冷バッグ、必需品です。


もうすぐ一時帰国なのですが、この暑いカンザスにちーこを残していくため、
毎日の部屋の空調をどうしようか悩んでいます。



複数の人に聞いたところ、セントラルエアコンディショニングの設定温度を80F前後にして、
スイッチをONにしたまま出かけるそうです。うちのエアコンにはタイマーがないのですが、
観察しているとサーモスタットのおかげで、設定温度になると事実上のOFF状態になるようです。



コネチカットやミシガンなどの寒い地方では、セントラルヒーティングが
このシステムですよね。でも彼の地では、夏場は自分でエアコンをつけたり消したりが当たり前だったので、なんだかしっくりこないのです。



設定温度が80Fだと、電気代もそんなにかからないらしい(やってみないとわかりませんが)。
ここ1週間、また熱波が襲来し、毎日100F超えのようなので、この方式でちーこには乗り切ってもらおうかと思っています。



で、最近気付いたんですが、うちのアパートメントコンプレックスで日中窓をあけているのって、私だけみたいなんです。友人より、「窓をあけたりファンを使うよりも、設定温度高めでエアコンを使い続けるほうが経済的だ」と言われました。びっくりです。



バスにのって通学する際に、近辺の家を眺めているのですが、やっぱり窓を開けている家は皆無。
開けっ放しで出かける私は「ヘンナヒト」って思われているかもしれません。


はー。窓が開いているのはウチだけ。
真夏のカンザスでは「窓はあけない」が基本?_e0101819_13371776.jpg



寒いはずはないのに、丸くなるネコ。ナニユエ?
真夏のカンザスでは「窓はあけない」が基本?_e0101819_13425694.jpg

by nekoyama88 | 2012-07-19 13:34 | 引越し

アメリカコネチカット生まれの猫と日本で暮らす


by nekoyama88