ちーこ病院へ行く

2月初めから、あごの腫れが一向に改善しなかったちーこ。



以前に処方されていた錠剤も、ゆるやかに効いてはいるものの、



一旦やめるとまた悪くなるの繰り返しでした。



朝よりも夜の方がかゆみが増すようで、



暗闇の中でかきむしる音を聞くことに



飼い主が耐えられず、



重い腰をあげて動物病院に行ってきました。



先生といろいろとお話した結果、コンベニア注射を打ってもらいました。



ステロイドの錠剤ももう少し続けてみることになりました。



先生の所見では、コンベニア注射が効くような症状ではないようですが、



帰宅後の様子を見ていると、飼い主が見る限り、明らかに違います。



何といってもかきむしりがピタッとやむのです。



そして毛並みがソフトになり、気持ちも多少穏やかになっているように見えます。



錠剤も今のところ12時間置きに与えていますが、喜んで食べてます(錠剤を、ハンマーで砕いて4分の1にしたピルポケットでくるみ、お団子にします。その後、フォーティフローラの顆粒をまぶしてお皿においておくと、知らない間に完食しています)。



そして今回も、先生は鎮静剤を打つこともなく、普通に口の中やあごをチェックし、



体重計の上に素手でちーこを乗せ、



元のキャリーに戻しました。



ちーこは最初から最後まで唸っていましたが、



先生に噛み付くこともなく



おとなしくしていました。



ちーこ、優しい声のゆっくり動く人がお好みなようです。



先生と私がしゃべっている時も、こんな顔をして私の方を観察していました(ひょえー!)(やっぱりまたまた体重が増えてました…。)
ちーこ病院へ行く_e0101819_1453824.jpg


先生がいなくなると、部屋中を歩き回ろうとするので、持参したブランケットをかけたところ。
ちーこ病院へ行く_e0101819_146517.jpg


飼い主に制止されて、あきらめてブランケットに潜りました。
ちーこ病院へ行く_e0101819_1484448.jpg



これで視力検査したいです。
ちーこ病院へ行く_e0101819_14112560.jpg



今回も、ドライブ中におしっこ、嘔吐で大変でしたがそれ以外は飼い主もちーこも最少限のストレスで済みました。先生、ありがとー。


あ、でも、お薬代上がってました。特にコンベニア注射は前回の1.5倍!えーん。
by nekoyama88 | 2013-03-29 13:55 | ねこ

アメリカコネチカット生まれの猫と日本で暮らす


by nekoyama88