仰天インターネットサービス解約手続き

カンザスに来てから、某AT&*社のインターネットサービスを利用してきました。


日本に帰るので、キャンセルの手続きをしようと、申し込みをした最寄のお店にでかけたら…


「ここではできません(ニッコリ)。」


「早期解約金が必要です。でも額は知りません(ニッコリ)。」


「この番号に電話して下さい(キッパリ)。」



開いた口がふさがらず、すごすごと退散し、自宅から言われた番号に電話しました。



長時間待たされ、その間延々流される音声。


「簡単な用事なら、ウェブサイトで済ませてください(出来るんなら既にやってるわい!)。


イエスかノーか言ってください(さっき言いましたっ)。


聞き取れないので、再度言って下さい(何で聞き取れないねん!)。」



など、漫才の脚本にでもなりそうなやりとりを経て、ようやく生身の人間につながったと思いきや、



「申し訳ありませんが、ここはジョージア州の件を扱うセクションで、カンザス州の解約は扱っておりません。



カンザス州のカスタマーサービスの電話番号を教えますので、そちらにおかけ下さい。」



で、キーっとなったちーこの飼い主、



「最寄のお店に出向いたら、わからないからこちらに電話しろと言われたんですよ。



必要な情報を始めから提供しているのに、なんでそうなるんですか?」



と怒っても「申し訳ありませんが、こちらではどうしようもできません。」



と平坦な声で返されるのみ。



で、仕方なく言われた番号にかけると、


またまた同じ音声テープが流れ、


同じことを言わされ…


担当者につながったと思ったのもつかの間、


「こちらのサービスは、東部時間午後5時を持って終了致しました。


後日またおかけ直し下さいませ。」だって~。


つながった時間は、セントラルタイムの午後4時。



「なめとるんかー」と叫びつつ、大爆笑してしまいました。





気を取り直して、後日かけたところ…



後日最終の請求書を送付するとのたまうので、



日本に帰国するので、できるだけ早く払い終えたいと言いました。



すると、合計56.1ドルだと言われました。



は?先月分は51ドルでしたよ。



電話前にしっかりチェックしておかなかったので、



内訳を聞けずじまいになってしまいましたが(二度度ここのカスタマーサービスに架電したくない!)、



この5.1ドルの差は何なんでしょうかね。




加えて驚いたのは、モデムは私が購入したことになっていました。



なので、「人にあげる、売る、捨てる、好きなようにしてください」と言われました。



コムキャストではリースだったので、てっきりそうだと思っていたので、ちょっと驚きです。


「こんなもの、持って帰りたくないよー、引き取ってくれー」と心の中で叫んでおりました。




最後に、早期解約金ですが…要りませんでした。



そういえば、申し込み時に1年も居住しないから、解約金が要らない方法を尋ねたことを思い出しました。



本当、ここの会社どこまでも無責任です。



結構な額のRewardを歌い文句に頻繁にセールスをしていますが、



最初の時点での説明がものすごく複雑で、わかりにくいです。



インターネットサービス解約で、怒りマックスの飼い主でした。
by nekoyama88 | 2014-01-23 03:01 | 引越し

アメリカコネチカット生まれの猫と日本で暮らす


by nekoyama88