ねずみ男

月曜日に、ねずみ問題を処理する人がようやく私の部屋にやってきました。
午前10時に来るはずだったのに、実際にやってきたのは午後4時前でした。
仕方なく、レジデントのためのオフィスに3回も電話しちゃいました。

結果からいうと、私の予想通り、元々は塞がれていた穴が開き、ねずみが侵入可能になったのであろうということでした(私が説明した内容を承認しただけですが...)。

で、彼がした仕事は、どこにでも売っているねずみ色のビニールテープをぐちゃぐちゃに丸めて、穴を塞ぎ、4つの「ねずみホイホイ(粘着シート)」を設置しただけ。

一応、「粘着シートを見えるところに設置すると、うちの猫がかかる可能性があるのでは?」と尋ねましたが、意に介せず。いい加減に組み立てたその「ねずみホイホイ」を4箇所に無造作に置いて、作業終了。

彼が帰ってから、速攻で「ホイホイ」を回収しました。もしものことがあって、ちーこを病院に連れていくのはいやなので...

それにしても、丸いめがねに天然パーマの小柄で小太りのおじさん(私ぐらいの年齢かも)、おそろしく仕事のできない人とお見受けしました。私が住んでいるアパートメントを仕切る事務とメンテナンスのスタッフは、お願いすると懸案事項をスムーズにかつ的確に処理してくれるので(アメリカでは良い部類に入ると思います)、彼らとの違いに本当にびっくりしました。ここのマネージャーはどうして、この人を雇っているのでしょう...?どうもねずみ処理専門の人みたいですが...。かなり古い建物なので、空き部屋が出ると、そこにねずみが出るみたいです。で、彼の仕事が増えるという構図。

ちなみに、私の部屋に関しては、「そんなに心配していないよ。」と言われました。どういう意味なのか、わかりませんが、まあ、「汚くはしていないし、侵入口も塞いだのでこれからは出ないでしょう」と言われていると解釈しました(笑)。

ねずみの種類については、ねずみ男曰く、「クマネズミは西海岸側によく出没するネズミ。この辺では...。」えー、私の言語理解能力と、彼の発音のわかりずらさにより、何を言っているのか理解できませんでした。でも、確かに、一般的なクマネズミより、小さかったのは確かです。いわゆるネズミのおもちゃ程度の大きさでした。


ということで、ねずみにもねずみ男にも、もう二度と会いたくないと思った1日でした。

ちーこ「ワタシニマカセナサイ」
ねずみ男_e0101819_7524312.jpg

by nekoyama88 | 2007-04-15 07:53 | ねこ + アルファ

アメリカコネチカット生まれの猫と日本で暮らす


by nekoyama88