雪積もる

昨年末には結構降った雪が、ここのところ降りませんでした。急に暖かくなったり、大雨が降ったり、暴風に襲われたりと、何だか変なお天気だな~と思っていたら、21日から22日に日付が変わる頃から、雪が降り始めました。

全館暖房の部屋の足元が何となく寒くなり、やたら外が静かになると...雪が降り始めたサインです。辺りはもう雪景色。この雰囲気はなんとなく好きです。


朝のラジオでは、私の大学のすべての授業がキャンセルになったと放送しています。今日はクラスがないので、「あ、そうなんや」てな感じで聞き流しました。


「きれいだなあ」と思いながらのんびりしていると、洗濯を済ませた午後1時頃から、さらに雪は降り続き...午後6時前には、15センチは積もっていました。


そうなると、気になるのが車。じゃーん!積もってますよっ(よそ様の車)。
雪積もる_e0101819_119794.jpg



屋内駐車ではないので、雪が積もったまま放置すると、翌朝の雪かきは悲惨です。車に積もった雪も、車の周辺の雪もすべて凍ってしまうからです。そして、皆が車に積もった雪をそこらじゅに撒き散らすので、車はますます雪に埋もれるという悪循環がおきます。


また、通り道を作るために除雪された雪のかたまりが、車の前に残されるので、出庫するのに手間取ります(30センチの積雪が60センチになっていたりします)。青い線が積雪のレベルです。これが、朝には「壁になっているに違いない」と予想しています。こわっ!
雪積もる_e0101819_1116387.jpg



お願いですから私の車の前に雪を残さないでおくれ~(泣)。


そこで、重い腰を上げて、雪かきに行きました~。新雪に足を突っ込みながらの作業。足元がちめたい~!3年使った雪かき道具、遂に壊れた~!がっくり。
雪積もる_e0101819_111625.jpg



車は既に雪の壁に閉ざされていましたが、幸いなことに雪はまだ柔らかかったので、その場から離れて、新しいスペースに移動することができました。脱出できて少しほっとしました。ちなみに、自分専用の駐車スペースというのはなく、空いているところに止めるというのがこの国のルールみたいです(少なくともコネチカット州とミシガン州はそうでした)。

端っこの木の傍に駐車しました(ていうか、ここしか空いてなかった!)。既に集められた雪がいっぱい。
雪積もる_e0101819_1115733.jpg



今夜も最大で8センチ程積もるらしいです。はあ、明日の雪かきを考えると...うんざりです。持ち家だともっと大変なのでしょうが...


ちーこ「おかーしゃん、お手伝いもせず、ごめんなしゃい。」
雪積もる_e0101819_11274565.jpg



ちーこ「猫の手、貸しましょうか?」
雪積もる_e0101819_1128591.jpg

by nekoyama88 | 2008-02-23 11:37 | 四季

アメリカコネチカット生まれの猫と日本で暮らす


by nekoyama88