治りました

診察後もしばらく居座り続けた頭痛が、ようやく去っていきました!


血圧も元に戻り(78/118)、血液検査でも異常はみつからず...今回の頭痛は、さまざまなプレッシャーやストレスによって発生したようです。どうも、お騒がせ致しました。念のため、2週間後にMRIを受ける予定です。


ところで、こちらの病院で不思議だったこと。

その1: 血圧を測る際、日本なら袖をまくるように指示されるのに、服の上に両面テープのついた物体を巻きつけられて測定。袖をまくろうとしたら、「そのままでOK」と言われました。正しく測定できるのでしょうか?ちょっと不安。


その2: 患者が個室に通されて、そこでナースやお医者さんが来るのを待ちます。ナースとお医者さんは、別々にやって来ます。何か不思議。


その3: 診察台はとても寝心地がいい反面、薄い紙が真ん中に貼ってあります。つまり、患者が横になっても、診察台そのものに直接触れないようになっています。この紙は、患者が去ったあと、新しいものに替えられると推測されます。トイレの便座シートを連想させます。


その4: 日本の病院での尿検査は、紙コップだったと記憶しています。そして、尿を採取後、自分で指定の場所に置くという流れだったように思います。ところが、アメリカの容器は蓋付のプラスチック製。採取後、容器を持ったまま個室で待つこと数分。ナースがやって来て、おもむろにビニール手袋をはめ、ブツをどこかに持って行きました。

もう一つ、笑えたのは、尿を採取する前に、紙製のお手拭のようなものを渡されたこと。何だこれは~!初めて見ました。


その5: 処方箋。小さなメモパッドのようなものに小さくお医者さんの名前が書かれています。そこに必要な薬の名前が手書きで記され、それを持って近所の薬局に向かいます。私、ずっと、ただのメモ用紙だと思ってましたが、どうやらこれが処方箋のようです。

お医者さんの字が汚くて読めなかったので、「何て書いてあるのか、教えて」とスペルを確認しようとすると...「大丈夫、薬剤師にはわかるから」と相手にされませんでした。「本当かな...もしも読めなかったら私は知らん...」と思いながら恐る恐る薬局に行きました。すると、難なく薬が出てきました(再診の際に、お医者さんにパッケージを見せました)。なんであの字が読めるのか、私には理解できません...


でも、担当医は親しみやすい女性でした。よく話を聞いて、説明をしてくれる感じの良い人でした。


3年ぶりのアメリカのクリニックでの診察、振り返ってみれば、なかなか面白かったです。


ちーこ「ムムム...おかーたん、悪いところだらけですヨ」
治りました_e0101819_1044073.jpg

by nekoyama88 | 2008-05-02 10:57 | その他

アメリカコネチカット生まれの猫と日本で暮らす


by nekoyama88